日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 有森裕子の「Coolランニング」  > 有森裕子 猛暑に負けずに走力アップを図る秘訣
印刷

有森裕子の「Coolランニング」

有森裕子 猛暑に負けずに走力アップを図る秘訣

早朝ラン、スイム、山歩き、トライアスロン…無理せず楽しむ工夫を

 有森裕子=元マラソンランナー

東京マラソンの人気などを背景に、ランニング人口は2080万人に増加し、各種スポーツの中でも高い関心を集めています。特に20~40代の男性の参加が多い一方で、アスリートのような走りを性急に求めすぎた結果、故障をしてしまう人も少なくありません。そんな状況に危機感を抱くのは、五輪マラソンメダリストの有森裕子さん。トップアスリートならではの深いランニング知識を基に、楽しく長く走り続けるためのコツをお届けします。

 今年は例年に比べ梅雨明けが遅め、との予想も出ているようですね。とはいえ、本格的な夏はすぐそこまで来ています。

 じめじめした空気に包まれる梅雨から、直射日光がじりじりと肌を焼きつけるような真夏へと移行する今の季節は、急激な気温や湿度の変化に体がついていけず、体調を崩しやすくなります。

 現役時代、「有森は夏に強い」と言われてきましたが、私はプロですから、普段からの練習の積み重ねがその強さにつながりました。しかし、走り始めて間もない市民ランナーが真夏にガンガン走り込み、アフターケアもせずにいると疲れは溜まる一方です。やがて、だるくて仕事に集中できないなど、日常生活に支障をきたすような結果を招いてしまいます。

 梅雨から猛暑、残暑にかけての時期こそ、疲労を残さないような練習内容や体調・食事管理が大切になります。今回は、秋冬の大会シーズンに体調のピークをしっかりと合わせられるよう、今の時期にお薦めのトレーニング方法をいくつかご紹介したいと思います。

秋冬のシーズンに向け、「トライアスロン」に挑戦?!

 まずは「練習メニュー」。梅雨のシーズンから夏場にかけてのランニング練習は、秋や冬の大会シーズンでしっかり走るための“体づくりの期間”と考えましょう。

 市民ランナーはとかく走ることだけがランニングの練習メニューだと捉えがちですが、決してそうではありません。ウエイトトレーニングや補強運動を増やして完走するために必要な筋肉をつけたり(「梅雨時こそランナーの“体づくり強化期間”」参照)、1kmほどの短めの距離をスピード上げて3本ほど走ったりするなど、暑い中でも無理しすぎずに、走力アップを図れる練習はいくらでもあります。こうした体づくりの時期が土台となって初めて、目標の大会をケガなく完走することにつながります。

 また、暑い夏こそ水泳はお勧めです。炎天下をだらだらと長い距離を走るよりも、水泳でまとまった距離を泳いで全身の筋肉を鍛え、心肺機能を高めた方が、秋冬のシーズンにつながるいい練習になります。

 思い切ってトライアスロンの大会に参加してみるのもいいでしょう。「ええっ、トライアスロン!!」と驚く方も多いかもしれませんが、一口にトライアスロンといっても、様々な距離の大会が開催されていることをご存じでしょうか?

トライアスロンは鉄人でなくても挑戦できます。(©Steve Lovegrove-123rf)

1/3 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.