日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 有森裕子の「Coolランニング」  > 有森裕子 親子ランでやってはいけない3つのこと  > 2ページ目
印刷

有森裕子の「Coolランニング」

有森裕子 親子ランでやってはいけない3つのこと

親子で走るのは楽しい、けれどこれだけは注意して!

 有森裕子=元マラソンランナー

【1】ずっと手を握って走ると、子どもはつらい!

 親子マラソンでよく見かけるのは、親子がずっと手をつないで走っている姿です。一見、微笑ましい光景ですし、「はぐれてしまわないように」という心配りは分かります。

 確かに、スタートした途端、子どもがダーっとダッシュしてはぐれてしまい、必死に探している親御さんを見かけることもあります。ゴール付近に行くと、半べそをかいた子どもがもじもじしながら立っているので、「お父さんやお母さんは?」と声をかけると、「まだ来ないから、ここで待ってるの」と言われることも…。

 だからといって、ずっと手をつないだまま子どもを引っ張るようにして走ると、子どもはどうなるでしょうか。身長差がある大人と手をつなぐので、姿勢のバランスが崩れ、自然な腕振りができません。そのため、必要以上に疲れてしまいます。大人と手をつないで走ることは、子どもにとって苦痛でしかないのです。そんな姿が会場内の大型スクリーンに映し出されるたびに、「危険だなあ。やめてほしいなあ」「子どもがランニングをイヤにならなければいいなあ」などと思ってしまいます。

 スタートやゴール付近で手をつなぐのはいいとしても、基本は「目は放さず、手は放す」。この言葉をお忘れなく!

【2】結果が悪くても叱らない!

 これはお父さんに多い光景ですが、張り切りすぎているのか、教育熱心なのか、「なんでもっとがんばらなかったんだ!」と、ゴール付近でお子さんを叱る姿を見かけます。お子さんも張り切って参加しただろうに、最後の最後で親のペースについていけなくなり、ほかのお子さんに抜かれたりしてね。

 親子で一緒に走ったのだから、もし不本意な結果に終わってしまったら、親が「ごめんね、今度はがんばろうな!」と声をかけてあげればいいんです。考え方の基本は、「勝ったら子どもの手柄。負ければ親の責任」。大事なのは、子どもが「ランニングって楽しいなあ」「もっとがんばりたい、速く走りたい」と思えるきっかけを作ることだと思います。

【3】興奮しがちな子どもにはしっかりマナーを教えて

 スタート地点でよく見かけるのは、号砲が鳴る前にスタートラインから足を踏み出している子どもや、ヨーイ、ドンッの合図の前に走り出している子ども…。

 勝ちたい一心で興奮し、はやる気持ちはよくわかります。しかし親子ランで最も危険なのは、スタート付近で焦った子どもが転び、将棋倒しのように前後の子どもたちが次々と転んでしまうことです。そんな事故を防ぐためにも、親御さんは大会に出場するためのマナーやルールを、事前に言い聞かせてほしいと思います。

 「スタートラインを踏んではいけないよ」、「ヨーイドンの前にスタートすると、オリンピックでは失格なんだよ」、「ほかの子を押しのけて無理矢理抜かしてはいけないよ」など…。でも、理屈は理解できても、なかなか実践できないのが子どもというもの。スタートでは、必ず親御さんが隣に並び、飛び出す子どもを制止するなど、注意を払ってあげてくださいね。

ここ数年、ゲストとして参加している東京都中央区の「区民スポーツの日」イベントのひとコマ。
日経グッデイ初割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 始めよう筋トレ 最低限やりたいエクササイズと食生活のポイント

    筋トレはできるだけ若いうちに始めることに大きなメリットがあるといわれる。それはなぜなのか。また、どんな筋肉をどのように鍛えるのが効果的なのか。高齢になってもしっかりした足腰でいるために今のうちから最低限やっておきたい筋肉エクササイズ、食生活の注意点などを知り、今年こそ「筋トレ習慣」を身に付けよう。

  • 第3波を乗り切るためのコロナ対策

    新型コロナウイルスの新規感染者が再び急増し、日本は今、流行の第3波を迎えている。今後さらに気温と湿度が下がると、ウイルスの生存により適した条件が整うようになる。これ以上の流行拡大を防ぐためには、1人1人が感染予防策を改めて見直し、感染リスクの高い行動を避けて生活することが不可欠だ。第3波を乗り切るためのコロナ対策を、もう一度まとめた。

  • 寝たきり予備軍「フレイル」を防ぐためにできること

    老化を防ぎ、健康寿命を延ばすためには、加齢により心身が衰えた状態である「フレイル」の予防が必要になる。フレイルは、健康な状態と要介護状態の中間に当たるが、これを避けるために特に重要なのが「筋肉量の維持」だ。筋肉量が減少すると、足腰が弱くなって寝たきりにつながるだけでなく、認知症や心疾患のリスクが上がることも分かってきた。筋肉量を維持し、フレイルを防ぐために何をすればよいだろうか。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday初割キャンペーン

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.