日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 有森裕子の「Coolランニング」  > 有森裕子 「陸上の魅力をいかに伝えるか」を深く考えた日本選手権
印刷

有森裕子の「Coolランニング」

有森裕子 「陸上の魅力をいかに伝えるか」を深く考えた日本選手権

4日間を観戦して実感したさまざまな課題

 有森裕子=元マラソンランナー

 気温の激しい変化や梅雨による低気圧の影響で、体調管理が難しい季節です。だるさや頭痛、腰痛の悪化など、不調を感じている方も多いかもしれません。十分な睡眠や食事、冷え防止などを心がけつつ、家やジムでの筋トレや階段の上り下りで体を動かし、ストレッチで筋肉の緊張をほぐすなど、梅雨時だからこそできるトレーニングやコンディショニングを楽しみながら、この季節を乗り切りましょう。

東京五輪代表選手の活躍が目立った日本選手権

 さて、2022年6月9日~12日の4日間、大阪のヤンマースタジアム長居で、日本陸上競技選手権大会が開催されました。各種目の決勝はテレビ放送もされたので、ご覧になった方もいると思います。7月に米オレゴンで開催される世界陸上競技選手権大会の代表選考会を兼ねた大会で、最終的に8種目で10人の内定者が出ました。

2022年日本陸上競技選手権大会男子3000メートル障害決勝で先頭を走る三浦龍司選手。(写真=西村尚己/アフロスポーツ)
2022年日本陸上競技選手権大会男子3000メートル障害決勝で先頭を走る三浦龍司選手。(写真=西村尚己/アフロスポーツ)

 そんな中でも目を引いたのは、2020東京五輪の入賞者たちの活躍でした。例えば、東京五輪男子3000メートル障害で7位に入賞した三浦龍司選手(順天堂大)は、前半を積極的に飛ばし8分14秒47の見事な走りで優勝しました。彼の牽引によって、青木涼真選手(Honda)も世界選手権の参加標準記録を突破しました。同じく東京五輪男子走り幅跳びで6位に入った橋岡優輝選手(富士通)も、8メートル27をマークして世界選手権参加標準記録を突破しましたし、何と言っても、女子の田中希実選手(豊田自動織機)は800メートル、1500メートル、5000メートルの3種目に出場し、1500メートルと5000メートルで優勝。800メートルも2位という素晴らしい成績を収めました。

 800メートルに関して言えば、田中選手にも優勝できる実力は十分にあったものの、最初の位置取りが後方すぎたように感じました。もちろん後ろから追い上げる計画だったのでしょうが、優勝した塩見綾乃選手(岩谷産業)が、かなりのハイスピードで前半から飛ばしたことは、田中選手には予想外だったように思います。それでもラスト200メートルからの驚異的なスパートで追い上げた田中選手の持久力とスピードには圧倒されました。しかも、ゴールの約70分後には次の種目である5000メートルのスタート地点に立ち、最後の1000メートルを2分50秒、ラスト400メートルを62秒で走りきって優勝した彼女の底力には驚くばかりでした。

五輪後に調子を落とさずに来られた理由は?

 五輪やパラリンピックが開催された翌年は、調子やモチベーションを落としてしまうトップ選手が少なくありません。東京五輪の男子4×100メートルリレー代表の桐生祥秀選手(日本生命)が今回の日本選手権後に休業宣言をしたように、気持ち新たに再始動をするため、五輪の翌年はリフレッシュの年にあてる選手もいます。そんな中、三浦選手や田中選手らが調子をキープできている要因として考えられるのは、彼・彼女らの調整力の高さや切り替え力によることも大きいでしょうが、東京五輪・パラリンピックの閉幕後、オリンピアンたちが注目される機会が少なかったことも影響しているように思います。

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    中年にもなると、お腹がぽっこり出てくるのが気になる人も多い。特に薄着の季節になると、お腹が出ているのが気になり、何とか短期間で凹ませたいと思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、効率よくお腹を凹ませるために知っておきたい「内臓脂肪」の落とし方と、トレーニングのコツ、そしてお腹を凹ませる「ドローイン」のやり方について解説しよう。

  • 脳を衰えさせる悪い習慣、活性化する良い習慣

    「もの忘れがひどくなった」「単語がスッと出てこない」「集中力が落ちてきた」……。加齢とともに脳の衰えを実感する人は多いだろう。「このままだと、早く認知症になるのでは?」という心配が頭をよぎることもあるだろうが、脳の機能は加齢とともにただ落ちていく一方なのだろうか。どうすれば年齢を重ねても健康な脳を維持できるのか。脳に関する興味深い事実や、健康な脳を維持するための生活習慣について、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.