日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 有森裕子の「Coolランニング」  > 有森裕子 私が「プロ宣言」で手に入れたかったもの  > 3ページ
印刷

有森裕子の「Coolランニング」

有森裕子 私が「プロ宣言」で手に入れたかったもの

アスリートが自分の価値を生かして幸せになるために

 有森裕子=元マラソンランナー

新しい挑戦をバックアップしてくれた古巣の存在

 プロランナーとして自由な商業活動に踏み切ろうとする時に味方になってくれたのが、古巣のリクルートでした。同社には、個人の価値を認めて評価し、新しいことを始めようとする人を応援してくれる社風があります。当時、私の社外広報担当だった古西宏治さんは、手を尽くしてあらゆる部門に一生懸命掛け合ってくれました。

 JOCからは、“特例”としてならプロとして認めると言われました。でもそれでは、社会で生きる一人の人間としての当たり前の権利を認めてもらったことにはなりません。今後、他の選手が自分の意思でプロの道を選べるように、あくまで“前例”としてプロになりたいのだと主張し続けました。

 その間、私は陸連登録を外れていたので陸連のレースには出場できず、どうせ走れないならばと米国に語学留学していました。こう着状態が2年半続き、ようやくJOCに正式にプロとして認めてもらうことができたのは、1999年5月のことでした。

 JOCから正式にプロとして認めてもらえるまでの間、不安がなかったといえば嘘になります。ですが、米国滞在中、海外の選手に自分が肖像権について戦っていることを話したら、「裕子はなぜ、そんな当たり前のことで戦っているの? そんな自由もない状態で、日本の選手は平気なの?」と驚かれました。私が求めていることは、決してわがままでも非常識でもない。状況は必ず変わると信じていたのです。

 あの時の私の主張や行動に対して、「天狗になった」「調子に乗っている」「五輪選手に選んでもらった陸連への恩を忘れたのか」などと思われた方もいらっしゃったと思います。特に、当時の日本のスポーツ界では、謙虚でいることを美徳とし、自分の権利、特にお金が絡む主張をすると叩かれるような風潮がありました。でも、私はただ、自分の生き方を自分で選んで、前に進みたかっただけで、それをかなえるための選択肢を得る権利はあると思ったのです。

自分の人生に責任を持つことの充実感

 米国滞在中、私は、プロランナーとしての最初の仕事であるボストンマラソンを目指して、トレーナーや練習パートナー、エージェントに自分で報酬を支払いながらトレーニングに励みました。これだけ世間を騒がせてプロになったのですから、結果を出さなければいけないというプレッシャーはたっぷりありました。でもそれ以上に、やりがいがあったんです。それはきっと、自分で選んだ道だったからだと思います。走ることを生業とし、自分の人生に責任を持つことの充実感を味わえたような気がしました。

 そうして臨んだ1999年4月のボストンマラソン。アトランタ五輪以来、2年9カ月のブランクを経てのレースでしたが、2時間26分39秒の3位でゴールすることができました。自己ベストを8年ぶりに更新することができ、ホッとしたことを覚えています。

1999年4月、プロになって初めてのレースとして挑んだボストンマラソンで、3位。8年ぶりに自己ベストを更新した。(写真:AFP/アフロ)

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

  • 筋肉博士が教えるロコモ予防の下半身筋トレ

    健康寿命を延ばすためには、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動だけでなく、「筋トレ」も重要であることが最近改めて認識されている。東京大学大学院教授で“筋肉博士”こと石井直方さんは、「寝たきりにならないためには、40~50代のうちから筋肉量を増やす意識で運動することが大切」という。そこで本特集では、石井さんに聞いた、筋トレの効果と、具体的な下半身筋トレの方法を一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.