日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 有森裕子の「Coolランニング」  > 有森裕子 遭難しかけて学んだトレイルランニングの効用と注意点  > 4ページ
印刷

有森裕子の「Coolランニング」

有森裕子 遭難しかけて学んだトレイルランニングの効用と注意点

ゆっくり走って全身の筋肉をほぐし、バランス感覚を鍛えよう

 有森裕子=元マラソンランナー

 当然、誰からの応答もありません。絶体絶命のピンチ!と思った時に、遠くの方でかすかに人の声が。それは、ロープウエイから流れるアナウンス放送だったのです。「あ、帰れる!」と思った私は、その音を頼りに必死に進み、何とか無事に待ち合わせ場所にたどり着くことができたのでした。やっとの思いで合流したメンバーに、遭難しかけた恐怖を話したものの、笑いながら誰も信じてくれませんでしたが、あの時は本当に怖かった…。

 こうしたアクシデントを防ぐためにも、トレイルラン初心者の皆さんは、上級者を交えた複数人でチャレンジしてください。あまり人数が多すぎると、登山者の方などに迷惑をかけるかもしれませんので、2~3人ほどの少人数がいいでしょう。1人1人の間隔を3~4mぐらい空けて走れば、前方にある木の根っこや石などの障害物なども把握しやすく、自分のペースで集中して走れます。5分ほどの時間差でスタートしてもいいかもしれませんね。

危険を回避するための準備が大事

2006年、現役引退レース(2007年東京マラソン)に向けて、ボルダ―のトレイルをウォーキングしているところ。

 トレイルランは準備も大事です。遭難しかかった時の私は、ウインドブレーカーを着用していましたが、Tシャツのみであれば寒さに襲われ、もっと早くに力尽きていたかもしれません。

 山の天候は変わりやすいので、思わぬ雨や風をしのぐためにも、防水性と透湿性を兼ね備えた軽量のウインドブレーカーやレインウエアを小型のリュックに入れ、重くならない程度にも持参するといいでしょう。

 最近では、ビギナーにお勧めのトレイルランニングコースが紹介された書籍などが販売されています。インターネットなどでも紹介されていますのでぜひ調べてみてください。全行程が1~2時間で戻って来られる里山や低山を選び、できればコース全体を事前に把握しておくと、道の起伏を予測しやすく不安が軽減します。

 トレイルランニングができる場所では、山頂までに売店や水場がある場合があるので、事前に調べておけば水などを持参せずに済むかもしれません。また、ライトや地図、時計、携帯電話、予備電池、補給食。また、帽子や日焼け止めなどの熱中症・紫外線対策、虫除けスプレーを使った虫対策もお忘れなく!

 今は山の斜面で滑りにくくできているトレイルランニング用のシューズがあります。足を守るためにガッチリとしていて少し重量があるので、トレイルランニングした後に平地でマラソンシューズを履いて走ると、足がとても軽く感じますよ

 自然を満喫しながら体をほぐし、バランス感覚を鍛えられるトレイルランニングは、フルマラソンにも必ず役立つと思います。自然環境を壊さず、登山者に迷惑をかけないなどのマナーも心得ながら、安全に楽しんでください。

フルマラソンにつなげるトレイルランニングの3つの効用
  • 全身のバランス感覚を鍛える
    木の根っこや石などの障害物があり、曲がりくねった凸凹のある不整地を走ると、脚の運びを複雑にコントロールすることが求められる。足首はもちろん、体を左右に傾けバランスを取りながら走ることで、体幹も鍛えられる。

  • 体をほぐす
    普段、硬いアスファルトの整地で練習している人にとって、山道の軟らかい地面をゆっくり走ることで、普段使わない筋肉や神経を使い、体がほぐれていく作用も。疲れてきたらウォーキングに切り替えたり、木陰で休んだりしてもOK!

  • 暑さをしのぎ、精神も健康的に!
    直射日光を防げる木陰がたくさんあるコースを選べば、夏場も比較的気持ちよく走ることができ、何よりも森林浴ができて気持ちがいい。山頂からの景色を楽しみに走ることができ、精神的にもリフレッシュしやすい。

 (まとめ:高島三幸=ライター)

有森裕子(ありもり ゆうこ)さん
元マラソンランナー
有森裕子(ありもり ゆうこ)さん

1966年岡山県生まれ。バルセロナ五輪(1992年)の女子マラソンで銀メダルを、アトランタ五輪(96年)でも銅メダルを獲得。2大会連続のメダル獲得という重圧や故障に打ち勝ち、レース後に残した「自分で自分をほめたい」という言葉は、その年の流行語大賞となった。市民マラソン「東京マラソン2007」でプロマラソンランナーを引退。2010年6月、国際オリンピック委員会(IOC)女性スポーツ賞を日本人として初めて受賞した。

先頭へ

前へ

4/4 page

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 睡眠不足は肥満や生活習慣病のリスクを高める

    近年、睡眠不足が積み重なる「睡眠負債」の怖さが取り上げられるようになり、睡眠の大切さがクローズアップされている。実際、睡眠不足や質の低下が、疲れや集中力の低下につながることを実感したことがある人も多いだろう。しかし、問題はそれだけではない。睡眠不足や質が低下すると“太りやすくなる”。さらに、高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病のリスクも高まることも分かっている。そこで本特集では、睡眠と生活習慣病の関係から、実践的な睡眠改善法までを一挙に紹介する。

  • 女性の「尿漏れ」「頻尿」には骨盤底筋トレーニングが効く!

    トイレに行く回数が多い、くしゃみをすると少し漏らしてしまう、突然尿意に襲われて我慢できない…。女性の尿の悩みは、「頻尿」や「尿漏れ(尿失禁)」が多いのが特徴だ。これらを改善するにはどうすればいいのだろうか?

  • 男性も無関係ではない骨粗鬆症、飲酒・喫煙・高血糖はリスク

    骨がスカスカになってもろくなり、骨折の危険性が増すのが「骨粗鬆症」だ。急速な高齢化に伴って患者数が増えており、日本骨粗鬆症学会などによると、日本における患者数は現在1300万人と推定されている。骨粗鬆症というと女性のイメージがあるが、男性の患者数は300万人と見られている。本特集では、骨粗鬆症が起きる仕組みから、気をつけたい生活習慣、そして骨を強くするための対策までを一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.