日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 有森裕子の「Coolランニング」  > 有森裕子 遭難しかけて学んだトレイルランニングの効用と注意点  > 3ページ
印刷

有森裕子の「Coolランニング」

有森裕子 遭難しかけて学んだトレイルランニングの効用と注意点

ゆっくり走って全身の筋肉をほぐし、バランス感覚を鍛えよう

 有森裕子=元マラソンランナー

米国でのトレイルランであわや遭難!

 現役時代は、フルマラソンのレースの3~4カ月前にトレイルランを取り入れていました。私がよく走ったのは、陸上選手が高地トレーニングを行う米国コロラド州のボルダーです。標高1600mのエリアで、時々マウンテンライオン(ピューマ)やクマが出て来るような自然豊かな場所ですが、登山というよりは、アップダウンを繰り返す山の尾根沿いを、1時間半ほど気持ちよく走っていました。タイムは計りませんが、キロ5分半~6分程度のペースでしょうか。

現役時代、コロラド州ボルダ―での高地合宿でよく走っていたトレイル。

 私は複数人で走るのはあまり好きではなく、自分のペースを守って1人で走りたいタイプ。前に人が走っていると地面の様子が見えづらく、走りにくいイメージがあります。しかし、1人で山道を走るのは遭難などの危険を伴います。かくいう私も一度身をもって体験しました。

 数カ月先にアトランタ五輪を控えた1996年の春先、私は米国ニューメキシコ州のアルバカーキで合宿を行っていました。練習が休みだったある日、メンバーと一緒に3人でトレイルランニングに出かけました。私は途中で仲間と別れ、さらに1人で道を突き進むことに。すると、しばらくして目の前に残雪が広がってきました。そろそろ帰った方がいいな、と思い、折り返して90分以上走ったのですが、元来た道に戻れない…。

ボルダ―のトレイルにはクマ出没注意の看板も。

 「あれ…。道に迷ったかも…」。不安が頭をよぎりました。雪はさらに深くなり、歩くことも大変になってきました。疲労が体を襲います。

 ポケットの中には、2枚の大きなクッキーのみ。水も持参していませんでした。クッキーは早々に食べ、日も落ち始めた夕刻、寒くて不安でこのままでは本当に遭難すると思った私は、歩きながらとうとう

 「Somebody help!」

 「Help me!」

 と大声で叫んでいました。

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 睡眠不足は肥満や生活習慣病のリスクを高める

    近年、睡眠不足が積み重なる「睡眠負債」の怖さが取り上げられるようになり、睡眠の大切さがクローズアップされている。実際、睡眠不足や質の低下が、疲れや集中力の低下につながることを実感したことがある人も多いだろう。しかし、問題はそれだけではない。睡眠不足や質が低下すると“太りやすくなる”。さらに、高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病のリスクも高まることも分かっている。そこで本特集では、睡眠と生活習慣病の関係から、実践的な睡眠改善法までを一挙に紹介する。

  • 女性の「尿漏れ」「頻尿」には骨盤底筋トレーニングが効く!

    トイレに行く回数が多い、くしゃみをすると少し漏らしてしまう、突然尿意に襲われて我慢できない…。女性の尿の悩みは、「頻尿」や「尿漏れ(尿失禁)」が多いのが特徴だ。これらを改善するにはどうすればいいのだろうか?

  • 男性も無関係ではない骨粗鬆症、飲酒・喫煙・高血糖はリスク

    骨がスカスカになってもろくなり、骨折の危険性が増すのが「骨粗鬆症」だ。急速な高齢化に伴って患者数が増えており、日本骨粗鬆症学会などによると、日本における患者数は現在1300万人と推定されている。骨粗鬆症というと女性のイメージがあるが、男性の患者数は300万人と見られている。本特集では、骨粗鬆症が起きる仕組みから、気をつけたい生活習慣、そして骨を強くするための対策までを一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.