日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 有森裕子の「Coolランニング」  > 有森裕子 頑固な私と共に歩んでくれた恩師・小出監督  > 3ページ目
印刷

有森裕子の「Coolランニング」

有森裕子 頑固な私と共に歩んでくれた恩師・小出監督

マラソン指導者・小出義雄監督の逝去によせて

 有森裕子=元マラソンランナー

 こうしたエピソードに代表されるように、私は、自分の意見をはっきり言っては、小出監督の手を煩わせていた選手だったように思います。ピロにとって小出監督は高校時代の恩師でしたし、Qはリクルートが強豪チームに育った後(1995年)に入ってきて、小出監督が移籍した際は自分もチームを移るほど、監督を慕っていた選手です。それぞれ、監督とつながった背景が異なり、能力も、性格も、活躍した時代も違いますから、監督への思いもそれぞれ異なるのは自然なことです。

 私にとっての小出監督は、「絶対的な師匠で、特別な存在」というよりは、「対等な関係で、同じ目標に向かって歩んでくれたコーチ」だったように思います。意見の相違でケンカすることは多かったですが、私の「五輪に出たい、メダルを取りたい」という強い思い、そして監督の「五輪選手を育てたい」という大きな目標があったからこそ、互いに割り切ることができ、メダル獲得につながったように思うのです。

データよりも指導者としての自分の目を信じる

 小出監督は、なぜ女子マラソンで4人もの五輪・世界選手権メダリストを育てることができたのでしょうか(*2)。それは常にしっかりした目的意識を持ち、選手と向き合う方だったことが大きいように思います。

 小出監督は、とにかく選手の練習をよく見て、脚の状態や表情まで細かく観察し、選手の言葉に耳を傾ける方でした。どんなデータがあったとしても、自分の目と耳で得たものを信じて指導されていたと思います。監督が予想したゴールタイムは、ほとんど的中していました。予想から大きく外れたのは、私のメダル獲得ぐらいではないでしょうか。

 言葉巧みに選手の気持ちを高めたり、不安を和らげたりすることも監督は上手でした。練習のしすぎで五輪選考会前に足が痛くなり、焦った私に、監督はこう言ってくれました。

 「物事には意味がある。どんなことが起きても“せっかく”と思いなさい。“せっかく”故障したんだから、神さまが休めと言ってくれているのだから、しっかり休もう」

 こう言ってもらえて気持ちが救われ、前を向いて治療に専念できたことを今でもよく覚えています。マイナスな出来事も、考え方一つでプラスに転換できるのだと。

 常に選手のことを考え、選手自身も忘れているようなタイムも覚えている、「かけっこ」が好きでたまらない小出監督。そんな方に共に歩んでいただいたこと、大きな目標を達成するために全力でサポートしてくださったことは感謝してもしきれません。本当に、小出監督と出会えたことは幸運でした。

*2 もう1人のメダリストは、2003年世界陸上女子マラソン銅メダリストの千葉真子さん。

(まとめ:高島三幸=ライター)

有森裕子(ありもり ゆうこ)さん
元マラソンランナー(五輪メダリスト)
有森裕子(ありもり ゆうこ)さん

1966年岡山県生まれ。バルセロナ五輪(1992年)の女子マラソンで銀メダルを、アトランタ五輪(96年)でも銅メダルを獲得。2大会連続のメダル獲得という重圧や故障に打ち勝ち、レース後に残した「自分で自分をほめたい」という言葉は、その年の流行語大賞となった。市民マラソン「東京マラソン2007」でプロマラソンランナーを引退。2010年6月、国際オリンピック委員会(IOC)女性スポーツ賞を日本人として初めて受賞した。公式Instagramアカウントはこちら

先頭へ

前へ

3/3 page

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「眠れない」を解消して抵抗力を高める、3つのNGと6つのテク

    暑い夜でもぐっすり眠るにはどうすればいいのか。そもそも睡眠は何時間とればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、不眠を解消するための3つのNGと、6つの快眠テクニックを紹介する。

  • 熱中症・かくれ脱水を防ぐ「水分補給」「マスク着用」のコツ

    脱水症やその一歩手前の「かくれ脱水」とはどういうもので、なぜ様々な病気につながるのか、脱水症はどんな人がなりやすく、どう予防すればいいのか。夏の今こそ知っておきたい、脱水症の怖さと対策について紹介する。さらに、夏期におけるマスク着用の注意点についても解説する。

  • かかると怖い!「膵炎」「膵がん」

    激痛に襲われる「急性膵炎」や、発見しにくく5年生存率が極めて低い「膵がん」など、膵臓の病気には厄介なものが多い。今回は、膵臓という臓器の役割や、膵臓の代表的な病気である「膵炎」「膵がん」の怖さ、早期発見のコツをまとめていく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.