日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 有森裕子の「Coolランニング」  > 有森裕子 マラソン終盤のフォームの崩れを予防する方法  > 2ページ目
印刷

有森裕子の「Coolランニング」

有森裕子 マラソン終盤のフォームの崩れを予防する方法

走る練習の前に「走の基本」でフォームを確認しよう

 有森裕子=元マラソンランナー

ゆっくりした動作でフォームの基本を確認し、終盤の崩れを防ぐ

 2つ目の目的は、「マラソン終盤のフォームの崩れを防ぐ」ことです。マラソンの終盤になれば、筋肉疲労により腰の位置が落ちてきたり、上下動が大きくなったり、腕の振りが小さくなってきたりと、フォームは自然と崩れます。それを防ぐためには、長い距離を踏むトレーニングでフォームが崩れる状況を作り、その上で正しく手足を動かすことを意識することが効果的です。もちろん、長時間走っても筋肉が疲れにくいよう、体幹トレーニングで体を鍛えることも必要でしょう。

 しかし、そもそも正しい動きが身についていなければ、そうした練習をすることもできません。そのためにも、普段から、パーツ(各部位)の動きをしっかり意識・確認しながら、走るための正しい動きを身につけることが重要になります。太ももの上げ下げや、腕の振りといった大きなパーツは、走っている最中でも比較的意識しやすいですが、足首や指先、背筋、姿勢といった細かなパーツの動きは、なかなか意識しにくいものです。

 「走の基本」は、ゆっくりとした動きの中で、そうした細かなパーツを一つひとつ確認し、意識できます。毎回走るトレーニングの前に取り入れ、ゆっくりとした動きからリズミカルな動き、そしてスピードのある動きに移行していくような練習をすれば、次第に腰の位置が安定して推進力が増すフォームに近づいていくはずです。また、長距離の終盤にフォームが崩れてきても、修正しやすくなるでしょう。

 「走の基本」は、「速く走るために最も効率の良い動き」を身につけることでもあります。ランナー一人ひとりの骨格や筋力は異なるので、その人にとって最も効率のよい動きはこれだ!とは、一概には言えません。しかし、腰の位置を高く保つことや、上下動が少なく、スムーズに重心の移動ができるといったことは、すべてのランナーにとって、速く走るために必要なことです。腰の位置などを意識するちょっとした時間の積み重ねが、自身の限界を超えてタイムを伸ばすカギにもなります。

 今回は、「走の基本」の中でも、一般ランナーにぜひ取り入れてほしい最もベーシックな動きをご紹介します。

日経Gooday春割2022

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 怖い病気を招く「中性脂肪」を食事・運動で徹底対策!

    健康診断でもおなじみの項目である「中性脂肪」。血液中の中性脂肪が150mg/dLを超えると、脂質異常症の1つ、「高中性脂肪血症(高トリグリセライド血症)」と見なされる。血管の老化を防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞を遠ざけるためにも、中性脂肪が上がるのを避けなければならない。そこで、今回はやっかいな中性脂肪の正体や、食事や運動でできる鉄板の対策法を一挙紹介していく。

  • 長年の悩み「腰痛」を解消! 痛みを和らげる体操4選

    腰痛は日本人の国民病とも言える身近な症状だ。特に問題なのは、原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう「慢性腰痛」だ。長年にわたって慢性腰痛で悩む人は少なくない。そこで、今回は長引く腰痛の解消が期待できる体操を一挙紹介する。

  • 怖い緑内障 忍び寄る失明を回避するには

    緑内障は放っておくと失明を招く怖い病気だが、病気が進んでも中心部の視力は保たれるため、自分ではなかなか気づきにくい。本記事では、緑内障による失明を回避するために知っておきたい期症状の特徴や、早期発見のために必要な検査、最新治療などについてコンパクトに解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定
日経Gooday春割2022

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.