日経グッデイ

有森裕子の「Coolランニング」

有森裕子 見ると誰もが驚く!「パラリンピック」の魅力

腕の力だけで疾走する車いすランナー、盲人ランナーと伴走者の“絆”

 有森裕子=元マラソンランナー

東京マラソンの人気などを背景に、ランニング人口は2080万人に増加し、各種スポーツの中でも高い関心を集めています。さて、今年はオリンピックイヤー。リオ五輪パラリンピックまであと3カ月と近づいてきました。今回は、有森裕子さんが障がい者スポーツとしてのマラソンの魅力について語ります。

 2020年東京オリンピック・パラリンピックのエンブレムも決定し、いよいよ世界最大のスポーツの祭典(2016年リオデジャネイロオリンピック・パラリンピック)の開幕まで、あと3カ月となりました。

 とかくオリンピックばかりに注目が集まりがちですが、皆さんにはその後に開催されるパラリンピックにもぜひ注目してほしいと思っています。

 とはいえ、パラリンピックは、障がいの程度に応じて細かくクラス分けされているため、少し分かりにくいところもありますよね。このコラムはランニングがテーマですから、今回は、障がい者スポーツとしてのマラソンの魅力をご紹介したいと思います。

車いすマラソンのスピードは圧巻の一言!

 障がいのある方々が参加するマラソンは、車いす部門、視覚障がい部門、聴覚障がい部門などに分かれます。今年2月の東京マラソンでは車いすマラソン部門が開催され、リオデジャネイロ・パラリンピックの代表が決まりました。視覚障がいマラソンは、リオで初めて女子の競技が正式種目になります。

 車いすマラソンは通常、健常者のマラソンが始まる前にスタートします。流線型のヘルメットをかぶった選手は3輪タイプの競技用車いすに乗り、前傾姿勢のまま、腕の力だけで42.195kmを走り抜きます(フルマラソン以外にもハーフマラソンなど距離の短いレースもあります)。

 その魅力はなんといってもスピード。健常者のマラソンの世界記録が2時間3分台であるのに対し、車いすマラソンの世界記録は1時間20分14秒。健常者の2倍近い速さです。実際のスピードを現場で見ていただければ分かりますが、マシーンのような車いすで、特に下り坂を一瞬にして駆け下りて行く様子は圧巻です

猛スピードで疾走する車いすランナー。生で見るとその速さに目が釘付けになります。(© SUNG KUK KIM-123-rf)

 車いすマラソンにはパラリンピックはもちろん、世界選手権もあります。海外の公認大会は、ボストン、ロンドン、シカゴ、ニューヨークシティー、ホノルルマラソンなど。国内では大分国際車いすマラソンや全国車いすマラソン(兵庫県篠山市)といった単独開催をはじめ、東京、大阪、かすみがうらマラソンなどでも開催されています。機会があればぜひ現地で見ていただきたいです。

 2015年6月に、デザイナーの山本寛斎さんプロデュースの「日本元気プロジェクト2015スーパーエネルギー!!」が東京都現代美術館で開催されました。200名の俳優や文化人、アスリートなどが山本寛斎さんの衣装を身にまとって、100mのランウェイを歩いたり走ったりするファッションショーです。そこに私や車いすランナーも参加したのですが、車いすランナーが観客の目と鼻の先のランウェイを全力疾走する姿は、かなりのインパクトを与えたのではないかと思います。

 また、車いすランナーは参加していませんが、かつて、「ストリート陸上」というイベントもありました。これは、東京・丸の内の路上に陸上のトップアスリートが集い、短距離選手が走り、ハードル選手がハードルを飛び越え、棒高跳び選手が跳んでいる姿などを、一般人の方が身近に見ることができるイベントです。

 このような、試合とはひと味違う切り口で、一般の方にパラリピアンズや障がい者スポーツの存在を知ってもらえる機会がもっとあればいいなと思います。

16年連続で盲人ランナーの伴走を経験

 一方、視覚障がい者のマラソン(盲人マラソン)は、視覚障がい者と伴走者が協力して走るレースです。伴走はボランティアで成り立っています。数は少ないですが、盲人マラソンにも公認大会があり、毎年4月に茨城県で開催される「かすみがうらマラソン」も、国際盲人マラソン大会を兼ねています。

 実は私、16年前から毎回、この国際盲人マラソンで、10マイル(16km)レースに出場する盲人ランナーの伴走のお手伝いをしています。私が代表理事を務めるNPO法人「ハート・オブ・ゴールド」が、盲導犬基金を集める目的から、参加したのがきっかけです。

 年1回とはいえ、16年も伴走ボランティアをしているにも関わらず、盲人ランナーの方をきちんと誘導するのは、難しいなあと毎回感じます。今年4月の大会では、70歳の全盲の女性ランナーの伴走を担当しました。実は、8年前の大会でも私が彼女の伴走をしたことを当日知らされ、久々のうれしい再会となりました。

2016年かすみがうらマラソン・国際盲人マラソン大会にて伴走中。

具体的な「言葉」で誘導する難しさ

 当日は突風が吹いていて、決してベストコンディションではなかったのですが、「2時間かかってもよいから完走できたらいいですね」と目標を話しながら、一緒にスタートしました。

 伴走の何が難しいかといったら、明確な案内をするための「言葉」です。特に私は走りながらコースを説明するときに、右と左をよく言い間違えてしまいます(苦笑)。盲人ランナーと伴走者の腕をつなぐ、“きずな”と呼ばれる1mほどのロープの輪を引っ張りながら誘導するのですが、「あと〇キロ先を右に曲がりますよ」というナビゲーションは意外に難しいのです。

 例えば、「えーっと、あれです、あっち。左、じゃなかった、右を曲がります」「前方にわだちがありますよ。えっと、もう少し走ったら」などといった具合…。「もう少し」と言われても、盲人ランナーにはどれぐらい先のことなのか、想像できません。レースも終盤にかかれば、ただでさえ疲れているのに、分かりにくい説明をされると、盲人ランナーの方もイライラしますよね。ですから、瞬時に様々な情報を具体的かつ分かりやすく伝えることが大事になります。それも、自身も走り、ペースも調整しながらですから、とにかく大変。頭と体のすべてを使うんです。

 掛ける言葉は、ランナーの障がいの程度によって使い分ける必要もあります。弱視の方はうっすらと見えていますし、後天性の方は、「菜の花」「信号」「自動販売機」などの物体はもちろん、「黄色」といった色もどんな色なのか、ある程度イメージできます。だから「沿道に菜の花がきれいに咲いていますよ。一面黄色できれいですよ~」という説明で情景が伝わります。

 しかし、生まれつき全盲の方は、手で触れることで花の形は想像できますが、色はイメージできません。「黄色」と言ってもどんな色なのかが分からないのです。そうした方には、「菜の花がたくさん咲いていますよ。一面に咲く菜の花のおかげで、景色がとても明るいです」などと、言葉を選んで説明しなければなりません。

伴走者の醍醐味とは「人のために走る」こと

 伴走者は、同じような身長の盲人ランナーにつくとは限りません。体格の異なる相手に歩幅を合わせて、腕振りなどの癖を観察し、さらに、“きずな”を持っているので、相手が左手を出すタイミングで、自分は右手を出さなければなりません。いわば二人三脚をしているような難しさがあります。

 こうした状態でフルマラソンを伴走するのは本当に大変ですが、パラリンピックでは、交代制で2人の伴走者を使うことができます。代表選手になる盲人ランナーはスピードもありますから、伴走者の走力や技量がランナーの安全や記録に大きな影響を与えます。

 今年のパラリンピックでは、代表選手はもちろん、そんな伴走者の姿にも注目してみると面白いかもしれません。伴走者は「人のために走る」ということに徹している人ですから「なぜ伴走者という役割を選んだのかな」と思いを巡らせるのも楽しいでしょう。私も実際に伴走して一緒にゴールし、盲人ランナーの方が喜んでいらっしゃる姿を見て、本当にうれしいなあと実感しましたし、普段のランニングでは得られないたくさんの気づきや達成感がありました。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
突風にも負けず、見事完走しました。

 日本盲人マラソン協会のサイト(こちら)では、大会イベント情報やパラリンピック情報に加え、東京限定ですが、伴走者練習会の情報も掲載されています。また、盲人マラソンを開催している各大会サイトでは、伴走者の募集をしているところもあります。興味がある方は、情報を収集して、伴走のチャレンジをしてみると、ランニングをいつもと違った視点から楽しめると思いますよ。

東京パラリンピック開催までには課題も

 障がい者スポーツの大会は、障がい者と健常者が協力して開催されるわけですが、その数は少ないのが現状です。車いすを走らせる公道の問題など、安全面での様々なハードルがありますし、実際に大会に参加しても、障がいのあるアスリートへの細かい配慮がまだまだ足りない気がしています。

 例えば、大会前のイベントで、車いすランナーが登壇するのに、急勾配のスロープを上がらなければいけなかったり、聴覚障がいの方が参加されているのに、手話通訳の配置が十分でなかったり…。

 2020年には東京でパラリンピックが開催されるのですから、すべての人がスポーツを楽しみ、スポーツを通じて心身ともに健康でいられるにはどうすればいいかを、大会の主催者もわれわれももっと考え、様々な問題を改善していく必要があると思います。東京パラリンピックの開催が、そうした契機になればと願っています。

(まとめ:高島三幸=ライター)

有森裕子(ありもり ゆうこ)さん
元マラソンランナー
有森裕子(ありもり ゆうこ)さん

1966年岡山県生まれ。バルセロナ五輪(1992年)の女子マラソンで銀メダルを、アトランタ五輪(96年)でも銅メダルを獲得。2大会連続のメダル獲得という重圧や故障に打ち勝ち、レース後に残した「自分で自分をほめたい」という言葉は、その年の流行語大賞となった。市民マラソン「東京マラソン2007」でプロマラソンランナーを引退。2010年6月、国際オリンピック委員会(IOC)女性スポーツ賞を日本人として初めて受賞した。