日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 有森裕子の「Coolランニング」  > 有森裕子 見ると誰もが驚く!「パラリンピック」の魅力  > 3ページ
印刷

有森裕子の「Coolランニング」

有森裕子 見ると誰もが驚く!「パラリンピック」の魅力

腕の力だけで疾走する車いすランナー、盲人ランナーと伴走者の“絆”

 有森裕子=元マラソンランナー

具体的な「言葉」で誘導する難しさ

 当日は突風が吹いていて、決してベストコンディションではなかったのですが、「2時間かかってもよいから完走できたらいいですね」と目標を話しながら、一緒にスタートしました。

 伴走の何が難しいかといったら、明確な案内をするための「言葉」です。特に私は走りながらコースを説明するときに、右と左をよく言い間違えてしまいます(苦笑)。盲人ランナーと伴走者の腕をつなぐ、“きずな”と呼ばれる1mほどのロープの輪を引っ張りながら誘導するのですが、「あと〇キロ先を右に曲がりますよ」というナビゲーションは意外に難しいのです。

 例えば、「えーっと、あれです、あっち。左、じゃなかった、右を曲がります」「前方にわだちがありますよ。えっと、もう少し走ったら」などといった具合…。「もう少し」と言われても、盲人ランナーにはどれぐらい先のことなのか、想像できません。レースも終盤にかかれば、ただでさえ疲れているのに、分かりにくい説明をされると、盲人ランナーの方もイライラしますよね。ですから、瞬時に様々な情報を具体的かつ分かりやすく伝えることが大事になります。それも、自身も走り、ペースも調整しながらですから、とにかく大変。頭と体のすべてを使うんです。

 掛ける言葉は、ランナーの障がいの程度によって使い分ける必要もあります。弱視の方はうっすらと見えていますし、後天性の方は、「菜の花」「信号」「自動販売機」などの物体はもちろん、「黄色」といった色もどんな色なのか、ある程度イメージできます。だから「沿道に菜の花がきれいに咲いていますよ。一面黄色できれいですよ~」という説明で情景が伝わります。

 しかし、生まれつき全盲の方は、手で触れることで花の形は想像できますが、色はイメージできません。「黄色」と言ってもどんな色なのかが分からないのです。そうした方には、「菜の花がたくさん咲いていますよ。一面に咲く菜の花のおかげで、景色がとても明るいです」などと、言葉を選んで説明しなければなりません。

伴走者の醍醐味とは「人のために走る」こと

 伴走者は、同じような身長の盲人ランナーにつくとは限りません。体格の異なる相手に歩幅を合わせて、腕振りなどの癖を観察し、さらに、“きずな”を持っているので、相手が左手を出すタイミングで、自分は右手を出さなければなりません。いわば二人三脚をしているような難しさがあります。

 こうした状態でフルマラソンを伴走するのは本当に大変ですが、パラリンピックでは、交代制で2人の伴走者を使うことができます。代表選手になる盲人ランナーはスピードもありますから、伴走者の走力や技量がランナーの安全や記録に大きな影響を与えます。

 今年のパラリンピックでは、代表選手はもちろん、そんな伴走者の姿にも注目してみると面白いかもしれません。伴走者は「人のために走る」ということに徹している人ですから「なぜ伴走者という役割を選んだのかな」と思いを巡らせるのも楽しいでしょう。私も実際に伴走して一緒にゴールし、盲人ランナーの方が喜んでいらっしゃる姿を見て、本当にうれしいなあと実感しましたし、普段のランニングでは得られないたくさんの気づきや達成感がありました。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
突風にも負けず、見事完走しました。

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

  • 宴会で「尿酸値・血糖値・中性脂肪」を上げない賢い飲み方

    年末年始や年度の変わり目など、宴会が増える季節に、楽しくお酒を飲みながらふと頭をよぎるのが、「体重の増加」と「気になる検査値への影響」ではないだろうか。暴飲暴食が続くとさまざまな検査値に影響が及ぶ。今回は、働き盛りの世代に身近な「尿酸値」「血糖値」「中性脂肪」を上げないための、宴会での上手な飲み方・食べ方のコツをまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.