日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 有森裕子の「Coolランニング」  > 有森裕子 見ると誰もが驚く!「パラリンピック」の魅力
印刷

有森裕子の「Coolランニング」

有森裕子 見ると誰もが驚く!「パラリンピック」の魅力

腕の力だけで疾走する車いすランナー、盲人ランナーと伴走者の“絆”

 有森裕子=元マラソンランナー

東京マラソンの人気などを背景に、ランニング人口は2080万人に増加し、各種スポーツの中でも高い関心を集めています。さて、今年はオリンピックイヤー。リオ五輪パラリンピックまであと3カ月と近づいてきました。今回は、有森裕子さんが障がい者スポーツとしてのマラソンの魅力について語ります。

 2020年東京オリンピック・パラリンピックのエンブレムも決定し、いよいよ世界最大のスポーツの祭典(2016年リオデジャネイロオリンピック・パラリンピック)の開幕まで、あと3カ月となりました。

 とかくオリンピックばかりに注目が集まりがちですが、皆さんにはその後に開催されるパラリンピックにもぜひ注目してほしいと思っています。

 とはいえ、パラリンピックは、障がいの程度に応じて細かくクラス分けされているため、少し分かりにくいところもありますよね。このコラムはランニングがテーマですから、今回は、障がい者スポーツとしてのマラソンの魅力をご紹介したいと思います。

車いすマラソンのスピードは圧巻の一言!

 障がいのある方々が参加するマラソンは、車いす部門、視覚障がい部門、聴覚障がい部門などに分かれます。今年2月の東京マラソンでは車いすマラソン部門が開催され、リオデジャネイロ・パラリンピックの代表が決まりました。視覚障がいマラソンは、リオで初めて女子の競技が正式種目になります。

 車いすマラソンは通常、健常者のマラソンが始まる前にスタートします。流線型のヘルメットをかぶった選手は3輪タイプの競技用車いすに乗り、前傾姿勢のまま、腕の力だけで42.195kmを走り抜きます(フルマラソン以外にもハーフマラソンなど距離の短いレースもあります)。

 その魅力はなんといってもスピード。健常者のマラソンの世界記録が2時間3分台であるのに対し、車いすマラソンの世界記録は1時間20分14秒。健常者の2倍近い速さです。実際のスピードを現場で見ていただければ分かりますが、マシーンのような車いすで、特に下り坂を一瞬にして駆け下りて行く様子は圧巻です

猛スピードで疾走する車いすランナー。生で見るとその速さに目が釘付けになります。(© SUNG KUK KIM-123-rf)

1/4 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悩ましい「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法

    放っておいても失明につながる心配はないものの、日常生活に不便をもたらしたり、疲れや肩こりなどの体の不調を引き起こす、悩ましい目の症状。今回は、そうした「ちょっと困った目の症状」の代表例である「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法をまとめていく。

  • 「眠れない」を解消して抵抗力を高める、3つのNGと6つのテク

    暑い夜でもぐっすり眠るにはどうすればいいのか。そもそも睡眠は何時間とればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、不眠を解消するための3つのNGと、6つの快眠テクニックを紹介する。

  • 熱中症・かくれ脱水を防ぐ「水分補給」「マスク着用」のコツ

    脱水症やその一歩手前の「かくれ脱水」とはどういうもので、なぜ様々な病気につながるのか、脱水症はどんな人がなりやすく、どう予防すればいいのか。夏の今こそ知っておきたい、脱水症の怖さと対策について紹介する。さらに、夏期におけるマスク着用の注意点についても解説する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.