日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 有森裕子の「Coolランニング」  > 有森裕子 コロナによる子どもの「体力低下」と「運動嫌い」を防ぎたい
印刷

有森裕子の「Coolランニング」

有森裕子 コロナによる子どもの「体力低下」と「運動嫌い」を防ぎたい

「感じる力」を育てるスポーツの機会減少に危機感

 有森裕子=元マラソンランナー

 例年より早く桜が咲き誇る中、3月25日に福島県で東京五輪の聖火リレーがスタートしました。新型コロナウイルスの感染拡大が収まらない中での聖火リレーの決行や東京五輪の開催には賛否の声がありますが、くれぐれも密集状態にならないよう注意していただき、無事に聖火リレーが遂行されることを願っています。

コロナ禍で子どもの「体力低下」や「運動嫌い」に拍車の恐れ

 1年前の今ごろは、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて初めての緊急事態宣言が出され、全国の学校が一斉休校となりました。現在、学校は再開していますが、部活動の自粛や活動時間の短縮、試合の中止、運動会や体育祭の簡略化など、何かしらの制限を伴う状況が続いているようです。

 そこで心配されるのは、子どもの運動不足や体力低下です。日本の子どもの体力低下は、コロナが流行する前から問題視されていました。例えば、2020年10月にスポーツ庁が発表した「令和元年度体力・運動能力調査」(*1)の結果によると、東京五輪が開催された当時(1964年度)と比較して、2019年度の青少年期の体格(身長・体重)は大きく向上したものの、15歳以降の体力(筋力)は当時の記録を下回ったそうです。

 また、同じくスポーツ庁の「平成29年度全国体力・運動能力、運動習慣等調査」によると、小学5年生と中学2年生への「運動やスポーツをすることは好きですか」という質問に対し、小学5年生の9.6%、中学2年生の16.3%が「嫌い・やや嫌い」と答えています。中学2年生の女子に限っては、21.5%が嫌いという結果でした。体育・保健体育の授業以外で1週間の運動時間が60分未満にとどまる女子の割合は、小学5年生が11.6%、中学2年生が19.4%だったそうです。

 このような傾向に追い打ちをかけるように、コロナが蔓延して運動の機会が減っている今、子どもたちのさらなる体力低下が懸念されます。また、中学校に入学してせっかく部活に入っても、練習や試合の機会があまりなければ、面白くなくなって部活を辞めてしまったり、スポーツ嫌いになってしまったりする子どもが増えるかもしれません。長年スポーツに携わってきた者としては、こうした状況はとても寂しく、何とかしたいという気持ちがあります。

コロナによる子どもたちの運動の機会の減少に危機感を抱いています。(C)Koonsiri Boonnak-123RF
コロナによる子どもたちの運動の機会の減少に危機感を抱いています。(C)Koonsiri Boonnak-123RF
*1 1964年以来、国民の体力・運動能力の現状を明らかにするため毎年実施。対象は小学生、中学生、高校生、高等専門学校・短大・大学の学生、成年、高齢者。令和元年度の調査期間は2019年5~10月(小中高生は7月まで)。

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 加齢で進む胃の不調 機能性ディスペプシアと逆流性食道炎の原因と対策

    加齢により胃の機能が衰えると、さまざまな不調が起きる。ピロリ菌の除菌が進んで胃がんや胃潰瘍が減ってきた今、胃の病気の主役は、胃もたれや胃痛の症状を招く「機能性ディスペプシア」と、胸やけやげっぷが起きる「逆流性食道炎」の2つに移行しつつある。なぜ機能性ディスペプシアと逆流性食道炎は起きるのか、どのような治療が必要なのか、セルフケアで改善・予防できるのか。このテーマ別特集では、胃の不調の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.