日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 有森裕子の「Coolランニング」  > 有森裕子 異次元の走りを見た名古屋ウィメンズマラソン  > 3ページ目
印刷

有森裕子の「Coolランニング」

有森裕子 異次元の走りを見た名古屋ウィメンズマラソン

世界選手権の代表選手も内定、活躍に期待

 有森裕子=元マラソンランナー

動きにブレなどの不安要素がない大学生ランナーに期待

 日本人選手に関して感じたことを、もう少しお話ししたいと思います。サルピーター選手についていった安藤選手は淡々とした走りが特徴で、本人は納得していないかもしれませんが、本当によくがんばったと思います。世界選手権の派遣設定記録(2時間23分18秒)を突破したものの、残念ながらあと一歩のところで世界選手権の代表には選ばれませんでした。でも、9月に中国・杭州で行われるアジア大会代表として、経験と準備を積んでほしいと思います。

 また、5位に入った大東文化大学4年生の鈴木優花選手も、注目すべき見事な走りだったと思います。彼女は自分の身体をよく知り、動きにうまく反映させていると思いました。ウエイトトレーニングの成果かもしれませんが、フォームを見ていても動きにブレなどの不安要素がなく、腹斜筋や腹筋をつなぐ大腿部がしっかり鍛えられていて、脚の引きつけも含めて安定感を覚える力強い走りでした。4月からは第一生命グループ女子陸上競技部の所属選手として走りますが、バルセロナ五輪女子マラソン4位であり監督の山下佐知子さんもとても期待している選手です。

 今回の大会を総合的に見ると、MGC(マラソングランドチャンピオンシップ)の記録を突破したのは8人。東京マラソンよりも多い人数なので、女子選手も少しずつレベルアップしているなと感じました。3月29日の選考で今夏の世界選手権代表に選ばれた一山選手、松田瑞生選手(ダイハツ)、新谷選手にはしっかり準備して、世界へのチャレンジで、より自らの可能性を引き出してほしいと思います!

深刻な世界情勢を素通りするオリンピアンになりたくない

 最後に触れておきたいのは、ロシアによるウクライナ侵攻がスポーツの世界に与えた影響についてです。マラソン大会でランナーがウクライナの国旗の色のコスチュームで走るなど、海外では多くのトップアスリートがさまざまな形で平和を願い、反戦を訴えているシーンを目にします。それは、「スポーツ=平和の象徴」であるからです。

 しかし、日本のスポーツの公の場では、コロナの話題は出ても、戦争に対する思いやメッセージを発信する人が少なく、話題にする人もあまりいないように感じています。われわれが学び足りない両国の深い歴史や事情は多々あると思いますが、このようなとき(もちろん日常的にも)、平和を願う発信はできるように思いますし、この問題に全く触れようとしない状況に、私自身はやや違和感を覚えています。

 そんななか、名古屋ウィメンズマラソン前日の組織実行委員会で、出席者として「大会を盛り上げるためにコメントをお願いします」と振られる機会があったので、このようなコメントをさせていただきました。

 “例年であれば、「また今年も大会が開催されます、がんばりましょう」と言えますが、今の世界情勢を見れば、これは当たり前ではなく、大会を開催すること自体が簡単なことではないと感じています。
 この大会の歴史を振り返ると、私が1992年のバルセロナ五輪、1996年のアトランタ五輪で戦った同志であり、友人であるロシア人のワレンティナ・エゴロワ選手が活躍した大会でもあります。
 しかし今は、ロシアの選手が活躍することが困難な状況になってしまっている。それは、平和と切り離せないメッセージ性を持つ意味・意義が、スポーツにはあるからです。私自身、参加者の皆さんとともに、こうした世界情勢の中でも走ることができていることを忘れずにいたいと思います”

 スポーツは社会で健康・健全に生きていくための大切な手段だと私は常に考えています。そんな中で、深刻な社会情勢の話題を避けて通ることへの違和感や、自分は何を発信できるかという問いかけを、私はいつも持っていたいと思っています。平和の象徴であるスポーツに携わってこられた身だからこそ、平和に対するメッセージをできる限り、できる範囲で発信したいと考えています。

(まとめ:高島三幸=ライター)

注:選手の所属先は各大会開催時点のものです。
有森裕子(ありもり ゆうこ)さん
元マラソンランナー(五輪メダリスト)
有森裕子(ありもり ゆうこ)さん 1966年岡山県生まれ。バルセロナ五輪(1992年)の女子マラソンで銀メダルを、アトランタ五輪(96年)でも銅メダルを獲得。2大会連続のメダル獲得という重圧や故障に打ち勝ち、レース後に残した「自分で自分をほめたい」という言葉は、その年の流行語大賞となった。市民マラソン「東京マラソン2007」でプロマラソンランナーを引退。2010年6月、国際オリンピック委員会(IOC)女性スポーツ賞を日本人として初めて受賞した。公式Instagramアカウントはこちら

先頭へ

前へ

3/3 page

ジョギング・ランニング
キーワード一覧へ

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 怖い病気を招く「中性脂肪」を食事・運動で徹底対策!

    健康診断でもおなじみの項目である「中性脂肪」。血液中の中性脂肪が150mg/dLを超えると、脂質異常症の1つ、「高中性脂肪血症(高トリグリセライド血症)」と見なされる。血管の老化を防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞を遠ざけるためにも、中性脂肪が上がるのを避けなければならない。そこで、今回はやっかいな中性脂肪の正体や、食事や運動でできる鉄板の対策法を一挙紹介していく。

  • 長年の悩み「腰痛」を解消! 痛みを和らげる体操4選

    腰痛は日本人の国民病とも言える身近な症状だ。特に問題なのは、原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう「慢性腰痛」だ。長年にわたって慢性腰痛で悩む人は少なくない。そこで、今回は長引く腰痛の解消が期待できる体操を一挙紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.