日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 有森裕子の「Coolランニング」  > 有森裕子 マラソン女子の低迷脱出のカギは?  > 2ページ
印刷

有森裕子の「Coolランニング」

有森裕子 マラソン女子の低迷脱出のカギは?

無名のランナーにも勝機はある、常識にとらわれない戦略を

 有森裕子=元マラソンランナー

 この結果をもって「女子選手が強くなった」とは一概には言えないかもしれません。なぜなら、今回の名古屋ウィメンズマラソンは、気温11.2℃、湿度61.4%、ほぼ無風といったマラソンには絶好のコンディションのなか、準備されたペースメーカー(*1)が理想的なペース配分で選手を引っ張ったからです。

 こうした好条件を冷静に生かした選手が、順当に結果を出しただけの大会、という見方もあるでしょう。しかし、どんなに実力があっても、本番でその実力を出し切る強いメンタルがなければ、いくら好条件に恵まれても結果は出ません。今回の名古屋でMGCの出場権を手にした選手たちは、そんな勝つための条件を、身をもって学んだのではないでしょうか。

 特に、レース途中で転倒して棄権した「第38回大阪国際女子マラソン」からわずか42日後のレースでありながら、日本人2位に入り、MGC出場権を獲得した福士加代子選手(ワコール)は、非常によく粘ったと思います(日本人1位は、既にMGC出場を決めていた岩出玲亜選手〔アンダーアーマー〕)。

 失敗しても何度も立ち向かっていく彼女の姿勢や、大阪の失敗から名古屋へと素早く気持ちを切り替えた集中力、そして粘りの走りによってセカンドベストの2時間24分09秒をマークし、日本人2位に入ったことは、若手を含めたマラソン女子選手たちに大いに刺激を与え、背中を押したのではないでしょうか。

 そんな福士選手は、レース後にこんなことを話していました。「今回は海外の選手がいたけれど、MGCではいなくなる。(自分は)主導権を握って走るというのをやったことがないので、MGCではやってみたい」。この言葉を聞いて私は、「ああ、彼女はきちんと自分の置かれた状況や課題を分かっているな」と思いました。

「なぜ勝てたのか」を振り返ることで見えてくるもの

 名古屋ウィメンズマラソンは絶好のコンディションで、理想的なペースメーカーもいました。でも、オリンピックのレースではペースメーカーはいませんし、どんな天候になるかも分かりません。恐らく相当な暑さの中での戦いになるでしょう。そんな中で勝つためには、自分自身でペースを組み立てて走る能力が必須条件になります。

 MGCの出場権を獲得した女子選手たちが、さらにここからもう一段強くなるためには、「なぜここで結果が出せたのか」「どうして自分は走れたのか」という徹底的な分析がカギになるでしょう。

 失敗したときはもちろんのこと、良い結果が出たときであっても、その分析を人任せにせず、練習内容や技術面、体調面、メンタル面といったさまざまな角度から振り返り、自分の頭でしっかり勝因を考えることはとても重要です。そこから見えてくる答えやさらなる課題は、MGCやオリンピックのレースの作戦を立てるときに必ず生きてくるはずです。

 私自身も現役の頃は、普段の練習内容はもちろん、レースでの体の状態やメンタル面、食べた食事の栄養成分までノートに記録し、「こういうものを食べたから、今回のレースではエネルギー切れしなかった」など、結果と自身の状況の関係性を少しでも把握しようとしていました(連載バックナンバー「有森裕子 私の陸上人生を支えてくれた手帳」)。選手として成長し、オリンピックでメダルを獲得するために、そうした振り返りが大いに役に立ったと実感しています。

*1 ペースメーカー:あらかじめ設定されたペースで指定された距離まで走り、先頭集団を引っ張る役目を果たすランナーのこと。
日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.