日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 有森裕子の「Coolランニング」  > 有森裕子 マラソン女子の低迷脱出のカギは?
印刷

有森裕子の「Coolランニング」

有森裕子 マラソン女子の低迷脱出のカギは?

無名のランナーにも勝機はある、常識にとらわれない戦略を

 有森裕子=元マラソンランナー

 新年度を迎えて新元号の発表も終わり、5月からはいよいよ「令和」の時代が始まります。気持ちも新たにランニングを楽しんでいらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

 そしていよいよ来年、2020年には東京オリンピックが開幕します。その切符をつかむためにトップアスリートたちは、それぞれの戦いの場で自分と向き合いながら研さんを積んでいることと思います。

 マラソンに関して言えば、2019年9月に開催されるMGC(マラソン・グランド・チャンピオンシップ:東京五輪マラソン代表決定レース)の出場権を獲得した男子選手は、2019年4月時点で30人になりました。日本陸上競技連盟が今回、五輪の関門としてMGCを設定したことは、選手の強化にうまく作用し、設楽悠太選手(Honda)や大迫傑選手(ナイキ・オレゴン・プロジェクト)が次々に日本記録を塗り替えるなど、全体のレベルは確実に上がっていると言えるでしょう。

新記録続出に勢いづく男子選手、一方女子選手は…

 そんな男子選手の活躍に比べると、女子選手は話題に挙がるような抜きん出た選手が登場せず、長らく低迷していました。MGC出場権の獲得者数も大きく増えることがなく、「このまま東京オリンピックを迎えて大丈夫だろうか」と心配していました。

 結果が出なかった原因はいろいろありますが、その1つとして、成長しきれないまま選手生活を終える選手が多くなったように思います。つまり、粘れる選手が少なくなったということです。

 粘れるということはどういうことでしょうか。「レースの中で粘る」ことはもちろんですが、実業団など1つの所属先で、結果が出るまであきらめずに頑張り続けるということも、「粘る」ことに含まれると私は考えています。

 1つの場所にい続けることが必ずしも良いこととは言い切れませんが、自分に合わないと感じると簡単に移籍したり、引退してしまったりする選手が近年目立ち、それが選手としての成長の妨げになっているのではと感じることがあります。

 簡単に移籍したり、引退したりするのは、世代の価値観の影響もあるかもしれませんし、昔に比べて指導者の入れ替わりが頻繁になったことも関連しているのかもしれません。実業団の母体企業の経営不振が原因でチーム運営が不安定になるなど、入れ替わりの原因はさまざまでしょうが、指導者が変わると方針も変わり、長期的なプランで選手をじっくり育てることが難しくなります。

 女子マラソン界が低迷期から脱出するためには、選手をじっくり育てる安定した環境作りと、自分の置かれた場所で、すぐに結果が出なくてもあきらめずに粘り抜くといった、選手一人ひとりの意識改革が必要ではないかと感じます。

一筋の光が差し込んだ名古屋ウィメンズマラソン

 そんななかで、今年3月10日に開催された「名古屋ウィメンズマラソン2019」は、低迷が続く女子マラソン界に一筋の希望の光が差し込んだような大会でした。蓋を開ければ、一気に5人の選手がMGCの出場権を獲得。必死に粘って、MGCの切符をつかみ取った選手が続出したのです。

名古屋ウィメンズマラソン2019で3km地点を走る先頭集団。中央が福士加代子選手、左端は日本人1位に入った岩出玲亜選手。(写真:長田洋平/アフロスポーツ)

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 熱中症・かくれ脱水を防ぐ「水分補給」「マスク着用」のコツNEW

    脱水症やその一歩手前の「かくれ脱水」とはどういうもので、なぜ様々な病気につながるのか、脱水症はどんな人がなりやすく、どう予防すればいいのか。夏の今こそ知っておきたい、脱水症の怖さと対策について紹介する。さらに、夏期におけるマスク着用の注意点についても解説する。

  • かかると怖い!「膵炎」「膵がん」

    激痛に襲われる「急性膵炎」や、発見しにくく5年生存率が極めて低い「膵がん」など、膵臓の病気には厄介なものが多い。今回は、膵臓という臓器の役割や、膵臓の代表的な病気である「膵炎」「膵がん」の怖さ、早期発見のコツをまとめていく。

  • 60代以降で急増! 男を悩ませる前立腺の病気

    中高年にさしかかった男性にとって、病気が心配になる臓器の1つが「前立腺」だ。前立腺の病気のツートップ、前立腺肥大症と前立腺がんは、いずれも中高年になると急増する。前立腺肥大症は夜間頻尿などの尿トラブルの原因になり、前立腺がんは、進行が遅くおとなしいがんと思われているが、骨に転移しやすいという特徴があり、怖い一面もある。今回のテーマ別特集では、前立腺の病気の症状から、具体的な治療法までを紹介していこう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.