日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 有森裕子の「Coolランニング」  > 有森裕子 マラソン五輪代表決定! 最後の1枠をかけた熱い戦いに感銘  > 4ページ目
印刷

有森裕子の「Coolランニング」

有森裕子 マラソン五輪代表決定! 最後の1枠をかけた熱い戦いに感銘

MGC選考システムがもたらしたトップランナーの底上げ

 有森裕子=元マラソンランナー

MGCという新たな選考システムがハイレベルなレースをもたらした

 今回のMGC、そしてファイナルチャレンジを振り返ってみると、MGCという新たな選考システムがきっかけになって、選手同士が切磋琢磨して互いに高め合う意識や雰囲気が生まれ、それが、日本記録や自己ベストを大きく上回るハイレベルなレースをもたらしたように思います。

 特に男子選手の全体レベルの底上げはとても大きく、東京マラソンでは大迫選手の下に2時間6分台が2人、7分台は7人というハイレベルな結果が出たのはとてもいい流れです。世界との差はまだありますが、今の男子選手の雰囲気ならまだまだ伸びると思います。女子選手も、土壇場で一山選手が松田選手を上回る好記録を出したことは、やはり選手同士が切磋琢磨できた結果なのでしょう。

 今回の東京マラソンや名古屋ウィメンズマラソンは、新型コロナウイルスの感染が拡大する前代未聞の状況の中、市民ランナーの参加が中止となり、実業団選手を中心としたエリート選手たちに絞った、異例の形式でのレース開催となりました。市民の皆さんに楽しんでもらう大会ももちろん重要ですが、こうしてトップレベルの選手だけの戦いの場を設けることは、選手たちのプライドを高め、闘志をかきたてるために極めて大事だと思いました。そして、レベルの高い舞台で順位やタイムを競うことを楽しめる選手が増えることが、世界で戦える選手を増やすことにもつながると思います。実際に、こうした舞台を楽しめた選手たちが、今回の五輪代表に選ばれたように感じます。

 さあ、これで東京五輪の代表選手が出揃いました。男子選手は中村匠吾選手(富士通)、服部勇馬選手(トヨタ自動車)、大迫傑選手。女子選手は前田穂南選手(天満屋)、鈴木亜由子選手(日本郵政グループ)、そして一山麻緒選手です。新型コロナウイルスの影響でこの先どのような状況になるか分かりません。しかしせっかく自分でつかみ取った切符ですから、今できることを全力で準備してほしいと思います。

東京五輪 陸上競技マラソン代表 内定選手
[画像のクリックで拡大表示]

(まとめ:高島三幸=ライター)

有森裕子(ありもり ゆうこ)さん
元マラソンランナー(五輪メダリスト)
有森裕子(ありもり ゆうこ)さん

1966年岡山県生まれ。バルセロナ五輪(1992年)の女子マラソンで銀メダルを、アトランタ五輪(96年)でも銅メダルを獲得。2大会連続のメダル獲得という重圧や故障に打ち勝ち、レース後に残した「自分で自分をほめたい」という言葉は、その年の流行語大賞となった。市民マラソン「東京マラソン2007」でプロマラソンランナーを引退。2010年6月、国際オリンピック委員会(IOC)女性スポーツ賞を日本人として初めて受賞した。公式Instagramアカウントはこちら

先頭へ

前へ

4/4 page

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

  • 早期発見、早期治療で治す「大腸がん」 適切な検査の受け方は?

    日本人のがんの中で、いまや罹患率1位となっている「大腸がん」。年間5万人以上が亡くなり、死亡率も肺がんに次いで高い。だがこのがんは、早期発見すれば治りやすいという特徴も持つ。本記事では、大腸がんの特徴や、早期発見のための検査の受け方、かかるリスクを下げる日常生活の心得などをまとめていく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.