日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 有森裕子の「Coolランニング」  > 有森裕子 ランナーの「燃え尽き症候群」を考える
印刷

有森裕子の「Coolランニング」

有森裕子 ランナーの「燃え尽き症候群」を考える

気持ちを書き出し、ポジティブワードに変える習慣を!

 有森裕子=元マラソンランナー

五輪マラソンメダリストの有森裕子さんが、トップアスリートならではの深いランニング知識を基に、楽しく長く走り続けるためのコツをお届けする本連載。今回は、市民ランナーの「燃え尽き症候群」について考えます。

 3月も中旬を迎え、そろそろ春の足音が近づいてきました。ランニングが楽しくなる桜のシーズンはもう目の前です。新年度になれば、仕事では転勤や部署の異動、プライベートではお子さんの進級や進学といった新生活をスタートされる人も多いのではないでしょうか。心機一転して気分も高揚し、新たな目標に向かってランニングの練習に励む方もいるかもしれませんね。

 一方、東京マラソンなど大きな大会を終え、目標を見失ってしまっている人も中にはいるかもしれません。以前知人から聞いた話ですが、仕事の傍ら、「サブフォー(フルマラソンを4時間未満で走る)」を目標に練習をがんばっていた男性ランナーがいました。彼は真摯な努力を積み重ねて、とうとう念願のサブフォーを達成! 市民ランナーにとって誇れる成績を残したのです。

 ところが、喜びもつかぬ間、本人は浮かない顔。「目標を達成したとたん、燃え尽き症候群になってしまい、次の目標が見つからない。練習へのモチベーションがなくなって、休日は走らなくなり、家でゴロゴロするようになってしまった。そんな自分が嫌だ…」と真剣に悩みだしたのだそうです。

 私はその話を聞いて、「も、燃え尽き症候群!?」と思わず声に出してしまいました。

大きな目標を達成してしまい、次の目標が見つからない…そんなときはどうする?(© joseelias-123rf)

 スポーツの現場で一般的に言われる「燃え尽き症候群」バーンアウト症候群とも言います)とは、オリンピックでメダルを獲得するなど、トップアスリートが大きな目標を達成した後に、次の目標が見つからず、虚無感からやる気を失ってしまうような症状のことを言います。でもそれは、全身全霊をかけて、世界の頂点をかけて戦っている、プロ意識の高いアスリートだからこそ生じる症状だと私は考えています。走ることを職業としていない、市民ランナーの方が気軽に使うような言葉ではないように思うのです。

 もし、「燃え尽き症候群」という言葉を使ってしまうとしたら、ぜひ自分に問いかけてみてください。そもそも自分はなんのために走っているのか、ランニングとの向き合い方が間違っているのではないか、と。近年のランニングブームで、記録を含めプロとアマのレベルが近くなっていると常々感じていますが、「ああ、こんな“意識の部分”でもプロとアマチュアの垣根がなくなってきているのだなあ」と思ってしまいました。

1/4 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策NEW

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.