日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 有森裕子の「Coolランニング」  > 有森裕子 ランナーの安易な鉄剤注射はドーピングと同じ  > 3ページ
印刷

有森裕子の「Coolランニング」

有森裕子 ランナーの安易な鉄剤注射はドーピングと同じ

医学的に必要なケースを除き、陸上界からの根絶を

 有森裕子=元マラソンランナー

“確信犯”による鉄剤注射はドーピングと同じ

 今回問題になった鉄剤注射は、治療のためではなく、持久力を高め、レースで良い結果を出すために打っている“確信犯”に近いようです。その背景には、減量のための食事制限によって低栄養状態となり、食事から十分な鉄分摂取ができなくなっていることもあるようです。

 読売新聞の報道(2018年12月9日付)によると、ある高校駅伝の監督は、選手に鉄剤注射を打たせたことを認め、「栄養剤の一種だと思っていた」と話しています。こうした行為は成長段階の選手たちの体に大きな負担をかけていることは否めず、禁止薬物ではないものの、ドーピングに等しい行為と言えるのではないでしょうか。

 今回の問題を受けて日本陸上競技連盟は、安易な鉄剤注射の根絶に向けて動いています(*3)。全ての年代の選手に対して鉄剤注射を原則禁止とした上で、全国高校駅伝においては、2019年度からチームでの鉄剤注射の使用の有無や人数、理由を明記した申告書の提出などを求めていくようです。日本医師会も、全国の医師に対して、競技者や指導者からの安易な鉄剤注射の要望には応えず、適正に使用するよう注意喚起を行いました。

 こういう事実が明らかになると、指導者は保護者や選手に対して、鉄剤注射を行う理由をどのように説明していたのだろうかと思います。選手自身にも、保護者の方々にも、そうした注射を行うことで体にどのような影響があるのか、もっと関心を持ち、指導者の言うなりではなく、自分の体は自分で守るという意識を持ってほしいと思います。

 私は今回の問題で、鉄剤注射の使用を全否定しているわけではありません。私自身がそうだったように、鉄剤の投与を必要とする重度の貧血に悩む選手はいるでしょう。きちんとした食生活を送っていても、ヘモグロビンの量が基準値を下回り、鉄剤の内服による治療も困難な選手は、医師の診断により鉄剤注射を行わなければ日常生活に影響するケースも出てくるはずです。

 今求められているのは、こうした医学的な必要性のない、不適切な鉄剤注射を根絶することです。このコラムでも再三お話ししてきましたが、スポーツの本来の目的は、人々の健康を増進することであり、害することではありません。目先の成績を追い求める余りに、選手たちの健康を、そして未来を壊すことのないよう、切に願います。

(まとめ:高島三幸=ライター)

有森裕子(ありもり ゆうこ)さん
元マラソンランナー
有森裕子(ありもり ゆうこ)さん

1966年岡山県生まれ。バルセロナ五輪(1992年)の女子マラソンで銀メダルを、アトランタ五輪(96年)でも銅メダルを獲得。2大会連続のメダル獲得という重圧や故障に打ち勝ち、レース後に残した「自分で自分をほめたい」という言葉は、その年の流行語大賞となった。市民マラソン「東京マラソン2007」でプロマラソンランナーを引退。2010年6月、国際オリンピック委員会(IOC)女性スポーツ賞を日本人として初めて受賞した。

先頭へ

前へ

3/3 page

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

  • 筋肉博士が教えるロコモ予防の下半身筋トレ

    健康寿命を延ばすためには、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動だけでなく、「筋トレ」も重要であることが最近改めて認識されている。東京大学大学院教授で“筋肉博士”こと石井直方さんは、「寝たきりにならないためには、40~50代のうちから筋肉量を増やす意識で運動することが大切」という。そこで本特集では、石井さんに聞いた、筋トレの効果と、具体的な下半身筋トレの方法を一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.