日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 有森裕子の「Coolランニング」  > 有森裕子 レース当日にやってはいけない5つのこと  > 4ページ
印刷

有森裕子の「Coolランニング」

有森裕子 レース当日にやってはいけない5つのこと

情報に振り回されず、自分流にアレンジする力をつけよう

 有森裕子=元マラソンランナー

普段やっていないことを突然やらない

 5つ目は「本番前に特別なことをやらない」です。普段1人で練習している人ほど、大勢のマラソンランナーに混じって走ると気持ちが高ぶってしまったり、初心者ランナーは不安になったりして、普段やっていないことをやってしまいがちです。

 例えば、有名ランナーが使っているレース用の軽量シューズを、練習で試さずにレースでいきなり履いて走ったり、有名ランナーがやっているレース前のウォーミングアップ法を、実力が異なる初心者がそのまま取り入れたり…。それは体がびっくりしますし、「ケガへの道」に一直線です。

 今回は本番当日のお話をしましたが、それ以前の練習も同じことが言えます。例えば、マラソンに関する本で、「本番2週間前は、時速〇kmで30km走の練習をしましょう」と書かれていたとします。「そうか、本番前はこの練習をすればいいんだ」と、そのページだけを読んで実践する人がいますが、これは危険です。

 大事なのは、“流れ”。つまりそれまでにどんな練習をして、本番2週間前を迎えたのかということの方が重要なのです。もしそれまでの練習が、当初の目標の半分しかできていないなら、「2週間前の30kmの練習」を、スピードも距離も半分にするなど、得た情報を自分の現状に合わせて「アレンジする能力」が大事だと思います。

 自分でアレンジしたり、判断できない人は、「ランニング教室」などのランニングの専門家に、フォームや練習状況を見てもらったり、質問したりすればいい。そうして自分に合ったトレーニング法や調整法、当日の過ごし方などを自身で考えていくことが大事になります。

 簡単なことではないですが、本やWEBなどでたくさんのランニング情報が出回っている今だからこそ、自分に合った方法を探る力を、市民ランナーはそろそろ身につける段階にきたのではないかなと思います。

試合当日にやってはいけない5つのこと
  • 1:空腹の状態でレースに出ない
    エネルギー切れを防ぐためにも、レースの3時間前に朝食を摂り、エナジーゼリーなどを持参し、レース1時間前やレース途中で口にする。

  • 2:塩辛いものやカフェインを摂取しない
    水をカブカブ飲んでしまうものや、コーヒーなど利尿作用があるカフェイン飲料は控えた方が良い。トイレに並ぶロス時間を減らせる。

  • 3:ウォーミングアップをやりすぎない
    通常よりも多めに走ってしまうと体力切れになりがち。初心者はレースの序盤はウォーミングアップと考えて走ってみよう。

  • 4:体を冷やさない
    3月~4月は気温の変動が激しい。風が強かったり、雨天時には、体を冷やさないように気をつける。

  • 5:本番前に特別なことをやらない
    本番前に焦っていつもと違うことをやると、かえってよくない方向になることも。“いつも通り”を心がけよう。ランニング教室の先生に現状を見てもらってアドバイスをもらうことも大事。

 (まとめ:高島三幸=ライター)

有森裕子(ありもり ゆうこ)さん
元マラソンランナー
有森裕子(ありもり ゆうこ)さん

1966年岡山県生まれ。バルセロナ五輪(1992年)の女子マラソンで銀メダルを、アトランタ五輪(96年)でも銅メダルを獲得。2大会連続のメダル獲得という重圧や故障に打ち勝ち、レース後に残した「自分で自分をほめたい」という言葉は、その年の流行語大賞となった。市民マラソン「東京マラソン2007」でプロマラソンランナーを引退。2010年6月、国際オリンピック委員会(IOC)女性スポーツ賞を日本人として初めて受賞した。

先頭へ

前へ

4/4 page

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

  • 宴会で「尿酸値・血糖値・中性脂肪」を上げない賢い飲み方

    年末年始や年度の変わり目など、宴会が増える季節に、楽しくお酒を飲みながらふと頭をよぎるのが、「体重の増加」と「気になる検査値への影響」ではないだろうか。暴飲暴食が続くとさまざまな検査値に影響が及ぶ。今回は、働き盛りの世代に身近な「尿酸値」「血糖値」「中性脂肪」を上げないための、宴会での上手な飲み方・食べ方のコツをまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.