日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 有森裕子の「Coolランニング」  > 有森裕子 レース当日にやってはいけない5つのこと  > 2ページ
印刷

有森裕子の「Coolランニング」

有森裕子 レース当日にやってはいけない5つのこと

情報に振り回されず、自分流にアレンジする力をつけよう

 有森裕子=元マラソンランナー

レースの4~5時間前に起床し、3時間前に食事を!

 まず、1つ目は「空腹の状態でレースに出ない」ことです。私が現役の頃は、体をしっかり起こすために、レースの5時間前には起床していました。朝9時にスタートするのなら4時起床という早さ。それは無理だと思われる方でも、せめて4時間前には起きた方がいいと思います。

観光気分でつい食べ過ぎた…なんてことにならないようご注意を!(©Iakov Filimonov-123rf)

 食事はレース開始の3時間前ぐらいに摂ることをお勧めします。現役時代の私はホテルの日本食レストランにお願いして、おにぎりやおもち、お味噌汁などを出してもらっていました。当時は「カーボローディング」が主流でしたから、とにかく炭水化物を主に摂取していました。

 地方のマラソン大会に行くと、半分観光気分になったりして、宿泊したホテルの朝食バイキングでつい食べ過ぎてしまうことがあるかもしれません。レース前に食べ過ぎると、走り始めてから腹痛を起こしたり、気持ち悪くなることもありますので、食事はレースの3時間前に摂り、満腹の一歩手前に抑え、試合会場にはどこでもすぐに口にしやすいエナジーゼリーなどを栄養補給源として持参しましょう。

 ありがちなのが、食事を早めに摂りすぎて空腹感を覚えながらスタートする人。空腹を感じるのは、既にエネルギーが奪われ始めている証拠です。そのまま走るとあっという間に体力を消耗して体が動かなくなる恐れがあります。ウエストポーチやウエアのポケットに携帯用のエナジーゼリーなどを入れ、スタートの1時間前ぐらいに摂取したり、走っている途中で少しずつ補給することをお勧めします。

 特に風が強くて寒い日のレースは、体温が下がり、エネルギーを消耗しやすくなるので、こまめな栄養補給が大事になります。私も以前、11月に開催される「ニューヨークシティマラソン」に出場した際、強風で体が冷えてしまい、半分ほど走った地点で体力がなくなってしまいました…。そのときは走る前から空腹を感じていたので、エネルギーがなくなって体が動かなくなったのでしょう。

塩辛いものやカフェインはトイレの回数を増やす

 2つ目は「塩辛いものやカフェインを摂取しない」です。東京マラソンのように大きな大会では、トイレに長時間並ぶことが予想されます。トイレに並ぶ頻度を減らすためにも、喉が渇いて水を多く飲んでしまいそうな塩辛いおかずや、利尿作用があるカフェイン飲料(コーヒー、紅茶など)はなるべく控えた方がいいでしょう。

 脱水症状を防ぐために、水分を事前に多めに摂る人もいるかもしれませんが、走り出せば給水所で少しずつこまめに摂取することができます。頻繁にトイレに行かなくても済むために、適量を摂取するようにしてください。

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 60代以降で急増! 男を悩ませる前立腺の病気

    中高年にさしかかった男性にとって、病気が心配になる臓器の1つが「前立腺」だ。前立腺の病気のツートップ、前立腺肥大症と前立腺がんは、いずれも中高年になると急増する。前立腺肥大症は夜間頻尿などの尿トラブルの原因になり、前立腺がんは、進行が遅くおとなしいがんと思われているが、骨に転移しやすいという特徴があり、怖い一面もある。今回のテーマ別特集では、前立腺の病気の症状から、具体的な治療法までを紹介していこう。

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.