日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 有森裕子の「Coolランニング」  > レース後の「ケア」こそ、ランニングを長続きさせるコツ
印刷

有森裕子の「Coolランニング」

レース後の「ケア」こそ、ランニングを長続きさせるコツ

ゴール後の「生1杯!」の前に、まずはクールダウン

 有森裕子=元マラソンランナー

東京マラソンの人気などを背景に、ランニング人口は2080万人に増加し、各種スポーツの中でも高い関心を集めています。特に20~40代の男性の参加が多い一方で、アスリートのような走りを性急に求めすぎた結果、故障をしてしまう人も少なくありません。そんな状況に危機感を抱くのは、五輪マラソンメダリストの有森裕子さん。トップアスリートならではの深いランニング知識を基に、楽しく長く走り続けるためのコツをお届けします。

 前回、前々回と、有森流「東京マラソン満喫術」や、全国各地のおすすめ市民マラソン大会などを紹介してきました。読者の皆さんの中には、先日の東京マラソンに参加された方もいるのではないでしょうか? 寒い1日でしたが、心配された雨にはさほど降られず、楽しい思い出になったのではないかと思います。ただ、中には残念ながら足腰に痛みが生じてしまった方もいるかもしれません。

 ケガに悩まされることなく、できるだけ長くマラソンと付き合うためには、体操やストレッチなどの走る前の「準備」と同じくらい、走った後の「ケア」が大切です。ところが、市民ランナーの方々をみていると、走る前の「準備」はできていても、走った後の「ケア」ができていない方がとても多いように感じます。

クールダウン、ストレッチ、アイシング・・・やらずに“飲み”に直行してない?

走る前だけでなく走った後もストレッチは重要。(©magiceyes-123RF )

 レース後の体のケアには、レースで使った体をジョグでほぐして全身に血液を巡らせる「クールダウン」、筋肉の緊張を緩める「ストレッチ」、氷や水を用いて身体を局所的に冷却し、炎症を抑える「アイシング」など、様々な方法があります。

 でも実際のところ、「やったー!ゴールした!」という達成感にひたって、ついケアを怠り、そのまま“飲み”に直行したりしていませんか? うれしい時、調子がいい時ほど、ケアの重要性は忘れがちです。痛みが生じて初めて、「ケアをしなければいけない!」という危機意識が働くのでしょうが、ケガをしてしまった後では、治療代もかかりますし、何よりも「痛い」「走れない」といったストレスを抱えることで、体だけでなく、心にもダメージを与えてしまいます。

 市民ランナーにとって、走ることの一番の目的は、心身ともに健康になること(健康を維持すること)ですから、ダメージを抱えたまま走ることで、不健康になってしまっては意味がありません。「走ること」と「ケア」は必ずセットで考えてほしいなあと思うのです。

 レース後のケアは、ケガの予防だけでなく、回復力を高める効果もあります。国内の大会の場合、レースの翌日は出勤して通常業務をこなすという方も多いと思います。疲れを残さず仕事に集中して取り組むためにも、やはり走った後のケアは重要なのです。

上体を鍛える補強運動も、普段のケアのひとつ

 ちなみに、こうしたレース後の「ケア」は、マラソンランナーだった私にしてみればごくごく当たり前の話。以前は、こんな普遍的なメッセージを発しても「飽き飽きされるのではないかな?」と思っていました。ところが、ランニング講習会などで、市民ランナーの方々にケアの重要性についてお話しすると、「そこまで重要だとは考えていなかった」と、ハッと気づかれる方が多いのです。

 さらに「体に痛みがある人はいらっしゃいますか?」と聞けば、多くの参加者の方から手が挙がります。その痛みの部位のほとんどが、「膝」と「腰」。これは、腹筋や背筋などの上体を鍛えていないことも原因の1つです。

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

  • 寝ても取れない疲れを取るには?

    「疲労大国」といわれる日本。「頑張って仕事をすれば、ある程度疲れるのは当たり前」「休む間もないほど忙しいが、やりがいがあるから、さほど疲れは感じない」などと思っている人も多いかもしれない。だが、睡眠時間を削るような働き方を続けていると、知らぬうちに疲れはたまる。結果、「寝てもなかなか疲れがとれない」という状態に陥るばかりか、免疫力の低下や、生活習慣病の発症につながることは多くの研究で知られている。疲労の正体から、疲労回復の実践的な方法までをまとめた。

  • つらい筋トレ不要? 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    薄着の季節になると、何かと気になる“お腹ぽっこり”。短期間で何とか解消したい!と思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、手軽に実践できる「ドローイン」と「猫背姿勢の改善」で“ぽっこりお腹”を解消していこう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.