日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 有森裕子の「Coolランニング」  > 有森裕子 東京五輪の陸上短距離はリレーを優先すべき?
印刷

有森裕子の「Coolランニング」

有森裕子 東京五輪の陸上短距離はリレーを優先すべき?

「100m、200mの出場はいずれか1種目に」 陸連の提案が投げかけた波紋

 有森裕子=元マラソンランナー

 2020年東京五輪の開幕まで、残すところ半年を切りました。さまざまな競技で、これから代表を決める選考会が続々と開催されます。陸上競技で言えば、6月25日から大阪で開催される日本陸上競技選手権大会が選考会になります。

マラソンの残り1枠をめぐる戦いはいよいよ大詰め

 マラソンでは既に、2019年9月に開かれた代表選考レースMGC(マラソングランドチャンピオンシップ)で、男子は中村匠吾選手(富士通)と服部勇馬選手(トヨタ自動車)が、女子は前田穂南選手(天満屋)と鈴木亜由子選手(日本郵政グループ)が、それぞれ代表に決定。男女とも残り1枠をかけた戦いが盛り上がりを見せています。

 女子は、1月26日に開催された大阪国際女子マラソンで、松田瑞生選手(ダイハツ)が設定記録(2時間22分22秒)を突破する2時間21分47秒で見事に優勝を果たし、最有力候補に躍り出ました。MGCでは4位に終わった松田選手でしたが、その悔しさをバネに、地元・大阪の声援を受けながら力強い走りを見せてくれました。

 一方、MGCで3位だった小原怜選手(天満屋)は、この大会で2時間28分12秒の13位に留まり、残念ながら代表争いから後退しました。女子は今後、3月8日の名古屋ウィメンズマラソンで松田選手の記録を上回る日本人選手が出なければ、松田選手が3枠目の代表決定となります。

 男子は、2時間05分50秒の日本記録保持者で、MGC3位の大迫傑選手(ナイキ)が有利な情勢です。その大迫選手や、前日本記録保持者の設楽悠太選手(ホンダ)、2018年ジャカルタ・アジア大会男子マラソン優勝の井上大仁選手(MHPS)らが、3月1日の東京マラソンに招待選手として参加することが発表されました。大迫選手の持つ日本記録よりも1秒短い設定記録(2時間05分49秒)突破を目指し、男子も熾烈な戦いが繰り広げられることが予想され、最終選考となる3月8日のびわ湖毎日マラソンまで目が離せません。

 男女ともに最終1枠は、設定記録を突破した最速の選手が選ばれるという非常に分かりやすい選考基準です。男女ともにハイレベルなレースを見られるのは、私自身、ワクワクしてとても面白く、これこそプロのレースのように思います。この緊張感のある状況を楽しめるぐらいのタフなメンタルの持ち主が、男女ともに最後の1枠に入れるのでしょう。

東京五輪の100m、200mは「1人1種目」に制限?

 さて、マラソンの代表選考レースが大詰めを迎える中で、陸上界では新たな議論も生まれています。日本陸上競技連盟(以下、陸連)は、2019年12月16日の理事会で、東京五輪の100m、200mの代表選手について「原則としてどちらか1種目のみの出場とする」という要項を提案しました。つまり、同じ選手が100m、200mの両方にエントリーすることができなくなるというものです。

 短距離の個人種目の出場を制限する目的は、男子4×100mリレーでの金メダル獲得を目指し、リレーメンバーの負担を軽減することです。陸連の麻場一徳強化委員長は、個人種目出場数を制限する理由として、(1)東京五輪では、リレーのエントリー選手の数が前回のリオデジャネイロ五輪の6人から5人に減らされ、故障者が出たときの対応が大変であること、(2)短距離の競技日程が世界選手権に比べて過密なため、選手の故障を防ぐ必要があること――などを挙げていました。

前回の2016年リオデジャネイロ五輪では、男子4×100mリレーで日本が見事銀メダルを獲得しました。(左から2番目が日本チーム、写真:AP/アフロ)

1/3 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.