日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 有森裕子の「Coolランニング」  > 有森裕子 ランニングブームの「曲がり角」を考える  > 3ページ
印刷

有森裕子の「Coolランニング」

有森裕子 ランニングブームの「曲がり角」を考える

大会の運営体制やスター選手育成戦略の見直しを

 有森裕子=元マラソンランナー

選ばれし者だけが参加できるハイレベルな大会を増やすべき

 例えば、大会のあり方にしても、必ずしも「誰でもエントリーできる」ようにしなくてもいいと思うのです。「この国際大会は、オリンピックや世界選手権出場を狙う実業団レベルの選手だけが参加できる」「あの大会は、4時間以内の公認記録を持つランナーしか参加できない」など、それぞれの大会に明確なレベル(段階)を設けることで、それぞれの大会に特色が生まれ、注目度を上げられるのではないかと思います。

 今でも高いレベルの選手だけに出場が限られた大会はありますが、数はだいぶ少なくなっています。例えば、かつて「名古屋ウィメンズマラソン」は、ある程度の記録を持ったトップランナーしか出場できない特別なレースでした。日本代表の選考レースの1つとして、ハイレベルな争いの中、どの選手がオリンピックや世界陸上の切符をつかむのか、多くの国民が注目する大会でした。それが今では、フルマラソン初心者でも気軽に出場できる大会になりました。同じく選考レースだった「横浜国際女子マラソン」の後継として2015年に誕生した「さいたま国際マラソン」も、一般ランナーの参加が可能です。

 市民ランナーにとって「トップ選手と一緒のコースを走れる」ということは大きな喜びですし、大会の門戸の開放はランニング人口のすそ野を広げ、市民ランナーのレベルを押し上げた一面もあるでしょう。その一方で、大会の“特別感”が薄れ、トップ選手のレベルがなかなか向上しないという事態が起こっているように感じます。つまり、全体のレベルが平たくなってきているように思うのです。

 トップの選手を育てるためにも、一定の標準記録を突破した選手にとっては「日本選手権」、高校野球でいえば「甲子園」といった、選ばれし者しか出場できない“特別感”のあるハイレベルな大会をもう少し増やした方がいいのでないかと思います。

 今の日本のマラソン界に、男女ともに圧倒的なスター選手が不在というのは、2020年の東京オリンピックを目前にした切実な悩みであると同時に、ランニング人口を減らす一因になっていると思います。川内優輝選手のような市民ランナーが憧れるヒーロー、ヒロインが何人か出てきて切磋琢磨しなければ、大会は盛り上がりません。ますますスポンサーもつきにくくなり、参加費を上げざるを得ないという負の連鎖に陥ります。

 「ランニングブームに陰りが出てきた」という昨今のニュースは、タイミング的にそんなに悪いこととは思っていません。ブームというのはいつまでも続くわけではありませんので、ここからはいわば“成熟期”といえるでしょう。東京オリンピックを2年後に控えた今だからこそ、様々な角度からマラソン大会の運営の在り方や、スター選手の育成戦略などを見直せる、良いきっかけになるのではないかと思っています。

(まとめ:高島三幸=ライター)

有森裕子(ありもり ゆうこ)さん
元マラソンランナー
有森裕子(ありもり ゆうこ)さん

1966年岡山県生まれ。バルセロナ五輪(1992年)の女子マラソンで銀メダルを、アトランタ五輪(96年)でも銅メダルを獲得。2大会連続のメダル獲得という重圧や故障に打ち勝ち、レース後に残した「自分で自分をほめたい」という言葉は、その年の流行語大賞となった。市民マラソン「東京マラソン2007」でプロマラソンランナーを引退。2010年6月、国際オリンピック委員会(IOC)女性スポーツ賞を日本人として初めて受賞した。

先頭へ

前へ

3/3 page

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

  • 寝ても取れない疲れを取るには?

    「疲労大国」といわれる日本。「頑張って仕事をすれば、ある程度疲れるのは当たり前」「休む間もないほど忙しいが、やりがいがあるから、さほど疲れは感じない」などと思っている人も多いかもしれない。だが、睡眠時間を削るような働き方を続けていると、知らぬうちに疲れはたまる。結果、「寝てもなかなか疲れがとれない」という状態に陥るばかりか、免疫力の低下や、生活習慣病の発症につながることは多くの研究で知られている。疲労の正体から、疲労回復の実践的な方法までをまとめた。

  • つらい筋トレ不要? 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    薄着の季節になると、何かと気になる“お腹ぽっこり”。短期間で何とか解消したい!と思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、手軽に実践できる「ドローイン」と「猫背姿勢の改善」で“ぽっこりお腹”を解消していこう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.