日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 有森裕子の「Coolランニング」  > 有森裕子 「入りを抑えること」でマラソンのタイムは縮まる  > 2ページ
印刷

有森裕子の「Coolランニング」

有森裕子 「入りを抑えること」でマラソンのタイムは縮まる

「おかやまマラソン2018」で今さらながら気づいたこと

 有森裕子=元マラソンランナー

スタート直後のペースを抑えて走ってみたら…

 実は最近、そんな風にスタート直後は焦らずゆっくり走ればいいんだと実感したことがありました。それは、2018年11月に開催された「おかやまマラソン2018」を走ったときのエピソードです。

 この連載でたびたび話題にしてきたように、年1回、この地元の大会だけはフルマラソンを走る私ですが、今回は今まで以上に忙しく、筋力を落とさないように階段の上り下りをやったり、1度だけ大島で30kmを走ったりしたぐらいで、トレーニングする時間がほとんどありませんでした。

 「フルマラソンを走る前にしっかりした準備を!」と常々この連載で皆さんに話しているのにお恥ずかしい限りですが、正直なところ、今回ばかりは「ゴールできるかしら」「足裏を痛めるかも…」と不安を抱えたまま臨むことになりました。

 ところが、蓋を開けてみると、前年(5時間9分)よりも10分速い4時間58分で完走。前年同様、運営側のスケジュールの関係で、5時間台でゴールするという約束を意識した上でのタイムでしたが、それでもリタイアせず、参加者のみなさんと交流を図りながら前年より10分も早くゴールできたのは、私にとって驚きでした。

 前年の走りと何が違ったかというと、それはスタート直後のペースです。実は、今回は毎年出場してくださっているストライプインターナショナル社長の石川康晴さんと一緒にスタートすることになり、彼のペースに合わせて途中まで走ることにしました。いつもならスタート後は1km5分ぐらいのペースで走っていきますが、今回は2km先の地点でインタビューを受けることになっていたので、そこまでは石川さんに併走し、1km6~7分のペースでゆっくりと走ってきました。そんないつもより抑えたペースが良かったようで、後半大きくペースを落とすこともなく、昨年より楽にゴールまでたどり着けることができたのです。

 ペース配分を最後まで保つためには、入りを抑えることが大切なんだと改めて学びましたね。「五輪メダリストが今さら何を言っているんだ」と思う方もいるかもしれませんが(笑)。

持ちタイムより少し遅めのランナーのペースに合わせるのがお勧め

 とはいえ、今回は伴走者のおかげでペースを抑えることができたという側面もあります。自分ひとりで走りながら意識的に前半のペースを抑えることは難しかっただろう、というのが実感です。ですから、最初を飛ばしすぎて後半極端にペースが落ちる傾向がある人は、自分の持ちタイムより少し遅めのランナーが多い位置からスタートするのがいいかもしれません。すると、周りのランナーに合わせて少し自分のペースも抑えながらスタートでき、最後まで一定のペースを保ちやすくなると思います。

 後半ペースが乱れやすい人は、どのペースで走れば最後まで一定のペースで走れるのかを知ることが大事だと思います。この連載でも常々お話ししていますが、ベストタイム更新を狙う大会は年1、2本に絞り、そのほかの大会は、自分が最後まで一定の速さで走れるペースを探る練習に当ててもいいでしょう。それが分かれば、前半を抑えることへの不安も軽減されるはずです。ぜひ、自分のペースを知る練習を心掛けてみてください。

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

  • 筋肉博士が教えるロコモ予防の下半身筋トレ

    健康寿命を延ばすためには、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動だけでなく、「筋トレ」も重要であることが最近改めて認識されている。東京大学大学院教授で“筋肉博士”こと石井直方さんは、「寝たきりにならないためには、40~50代のうちから筋肉量を増やす意識で運動することが大切」という。そこで本特集では、石井さんに聞いた、筋トレの効果と、具体的な下半身筋トレの方法を一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.