日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 有森裕子の「Coolランニング」  > 有森裕子 無月経に苦しむ女性アスリートをなくしたい
印刷

有森裕子の「Coolランニング」

有森裕子 無月経に苦しむ女性アスリートをなくしたい

女子学生アスリートと語り合う「学生スポーツありもり会議」で感じたこと

 有森裕子=元マラソンランナー

 寒い日が続きますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか? 世界保健機関(WHO)が新型コロナウイルス感染拡大の緊急事態を宣言してから、約1年が経ちました。マスクをつけることが日常になり、さまざまな生活様式が変わる中で、マラソンのスタイルも変化を遂げています。

 1月31日に開催された大阪国際女子マラソンでは、観客が集まらないように、公道ではなく長居公園内のアップダウンのない周回コース(約2.8km×15周)が採用されました。さらに、日本記録(野口みずきさんが2005年のベルリンマラソンで出した2時間19分12秒)を狙うために、川内優輝選手(あいおいニッセイ同和損保)ら4人の男子選手がペースメーカーを務めるなど、今までのマラソンとは違う異例のスタイルになりました。

 私も解説者として参加したこの大会は、東京五輪マラソン女子代表の前田穂南選手(天満屋)や一山麻緒選手(ワコール)が参戦することでも注目されました。レースはスタートからハイペースの展開となり、14km付近で前田選手が脱落してからは、一山選手の一人旅に。中盤以降、日本記録ペースから遅れて残念ながら新記録には至らなかったものの、一山選手が大会記録を7秒更新する2時間21分11秒で優勝し、2位に入った前田選手も、1つの目標であった自己ベストを更新しました。

 ラスト1周でトラックレースのように鐘が鳴るなど、今までにないスタイルのマラソンを楽しんでくださった視聴者の皆さんも多かったのではないでしょうか。コロナ禍でスポーツを取り巻く環境が変化する中で、最大限できることを考えながら、少しでもランナーが実力を発揮できるように主催者が大会を構築していることが分かった特例であり、前例にもなり得るものだと思います。

女性アスリートが直面する「貧血」や「無月経」の問題を話し合う

 さて話は変わりますが、昨年(2020年)12月に「第1回学生スポーツありもり会議」を開催しました。これは、私が副会長を務めるUNIVAS(ユニバス;一般社団法人大学スポーツ協会)(*1)が主催したオンラインイベントです。アスリートが抱えるさまざまな課題に対して、毎回、元トップアスリートや大学教授、医師、専門家などのゲストをお招きし、ディスカッションをしながら学生スポーツの課題解決のためのヒントを探っていきます。学生アスリートたちが安心・安全に競技に取り組める環境を作っていくことを目的としています。

 記念すべき第1回のテーマは、「女性アスリートがコンディションを整え・維持していく上での課題の共有と対策」で、東北から九州にかけて30人(14大学、13競技)の女子学生が参加しました。ゲストに、元陸上長距離選手で順天堂大学スポーツ健康科学部教授・同大学女性スポーツ研究センター副センター長の鯉川なつえさんと、同大学の講師で、元陸上競技女子円盤投げ・ハンマー投げ選手の室伏由佳さんをお招きし、専門家の視点からのお話と、アスリート時代のエピソードや経験に基づいたアドバイスをいただきました。

無月経や貧血は、女性アスリートの健康管理の上で避けては通れない問題です。(C)puhhha-123RF
*1 学生、大学、競技団体等の主体的な活動を支援し、大学スポーツをさらに大きく発展させるための活動を担うために2019年3月1日に創設された組織。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.