日経グッデイ

有森裕子の「Coolランニング」

有森裕子 ただ走るだけではダメ! 強いランナーは食事が作る

オリンピックメダルの原動力となった、母の“食育”

 有森裕子=元マラソンランナー

東京マラソンの人気などを背景に、ランニング人口は2080万人に増加し、各種スポーツの中でも高い関心を集めています。特に20~40代の男性の参加が多い一方で、アスリートのような走りを性急に求めすぎた結果、故障をしてしまう人も少なくありません。そんな状況に危機感を抱くのは、五輪マラソンメダリストの有森裕子さん。トップアスリートならではの深いランニング知識を基に、楽しく長く走り続けるためのコツをお届けします。

 マラソンを始めると、様々な能力が鍛えられます。持久力はもちろん、つらくて苦しい時間を乗り越える精神力も身についていきます。それはどの年代から走り始めても、です。マラソンで培った能力は、仕事にもきっと役立つでしょう。

 ただ、私の経験から言えば、そうした能力を身につけ高めるためには、ただ走るだけではダメ。やはり“食事”が大きく影響するのではないかとも思います。

食は体を作り、体はメンタルを作る

 当たり前ですが、健康な体は一朝一夕で作り上げられるものではありません。いかにバランスのいい食生活を続けてきたかが、マラソンランナーのみならず、スポーツに携わる人々、もちろん日々厳しいノルマをこなすビジネスパーソンにも重要なポイントになります。

 食は体を作り、体はメンタルを作る。それが長い距離を走りきる精神力につながります。脳も食事で作られ、その脳から発信された指令で体は動くわけです。となると、幼い頃からきちんとした食生活を送ってきた人と、そうでない人では、乗り越えられる練習の質や量も変わると思います。

 先天的な才能よりも、後天的な努力がものをいうマラソンというスポーツには、食生活を含めて育ってきた環境が、多少なりとも影響するのではないかとも思います。もちろん、子どもの頃だけではなく、今の食生活が大事なのはいうまでもありません。

偏食だった私を変えてくれた母の食育

旬の食材をバランスよく、効果的な組み合わせで取り入れよう。(©monticello -123rf)

 私は大学時代まで実家に住んでいたのですが、当時は、調理師免許を持ち、大学の学生食堂で働いていた母が、毎日バランスの良い食事を作ってくれていました。幼い頃、私はアトピー性皮膚炎だったので、より食事には気をつけてくれていたのだと思います。

 さらに私は好き嫌いの激しい子で、根菜類などの煮物が食べられず、噛む力も内蔵も弱かったために食の細い子どもでした。母は手を替え品を替え、調理方法や味つけを工夫して、嫌いなものを食べられるようにしてくれました。そんな食生活の積み重ねのおかげで、やがて私の体は丈夫になり、身長も伸びました。

 食への関心が高かった母は、「なぜインスタント食品に頼るのは良くないか」、「なぜその食材を食べなければいけないか」といった説明をよくしてくれたものです。加工食品とは違って、旬の食材、新鮮な食材は栄養価が豊富です。母はこだわりをもって栄養価の高い食材をバランス良く選んでくれていました。この季節にはこの食材を食べるとおいしくて、こんな栄養素がある、といった知識は私自身にも自然に受け継がれ、食について考える癖が身についていったのです。

貧血に悩んだ高校時代、鉄分を意識して摂っていたが…

 食への関心が高まるにつれ、競技者だった私はさらに“自分に合った食事”について考えるようにもなりました。そのきっかけは、高校の陸上部で走っていた頃。貧血に悩まされていた私は、大会になるとめまいを起こしていました。貧血対策としてひじきやホウレンソウなどの鉄分が多い食材を意識して摂取していましたが、一向に良くなりません。

 そこで、食後のお腹の調子や体調の変化を意識するようにしました。この食事内容だと、お腹の調子はどうかな、と意識して自分の体に耳を傾けるイメージです。すると、自分の体質に合う食材が少しずつ分かってきました。

 自分の体と向き合うことで、通り一遍のマニュアルではない、自分に合った“食マニュアル”ができてきます。鉄分ばかりを気にしていた私は、結局、別の栄養素が不足して、食生活全体のバランスが偏ってしまっていることに気がついたのです。

 大学4年生になると一人暮らしを始め、自炊をしましたが、朝食メニューはご飯にジャガイモやタマネギなどの具を入れたみそ汁 、イワシ、梅干しと決めました。スポーツ選手にしては粗食のように見えるかもしれませんが、エネルギーとなる炭水化物はしっかり摂りましたし、何よりもこれが自分の体の調子を一番いい状態に維持してくれるメニューだったのです。

粘り強く走り抜くために、食べることは大切

 実業団に入ってからは、学生時代よりもさらなる過酷な練習をこなし、チーム内外でレギュラー争いに挑まなければいけませんでした。私は実業団に入るまでたいした実績を残せていなかったので、他の選手が諦めるぐらい粘り抜き、レギュラーの座を勝ち取るしかありません。

 その粘り強い精神力を身につけるのに、やはり食は少なからず影響していたと思います。単純な話のようですが、粘るためには多少のことでイライラしてはいけません。そこで、感情の起伏を抑えるためにカルシウムを積極的に摂るように心掛けていました。こうした工夫も“粘り強さ”をつけることにつながっていたように思うのです。

 また、激しい練習をして筋肉を使った時は、破壊された筋肉を再生するために、冬場はたんぱく質の豊富なユッケなどを意識して口にしていましたし、疲労が溜まった時は、豚肉などのビタミンB群を意識的に摂取していました。この栄養素の吸収をよくするためにこの栄養素を摂ろうといった食の組み合わせも意識していました。

 練習で疲れて身も心もいま一つの時は、特に苦手な食材を体が受けつけませんでした。でも食べなければ体が持たないほどの厳しい練習なので、出された食事をこっそりとフードプロセッサーにかけて流し込むこともありました。これは、お金をもらって走っていたプロゆえの行動ですが、それほど、走り抜くためには食べることは大切なものだったのです。

持久力と精神力を鍛えるにはトレーニングと食事の両輪が重要。(©Paul Grecaud -123rf)

まずは自分の食事に関心を持つことから

 みなさんはプロではないので、ここまで食にストイックになる必要はありません。しかし、忙しいからとインスタント食で済ませたり、栄養の偏った食生活を送ったりすると、肝機能などが衰えますし、体に良いために行っているはずのランニングが、ただ体にダメージを与えるだけの行為になってしまいます。それは体だけでなく心にも必ず影響します。

 ランニングを楽しむためにも、またハードな仕事を乗り切る精神力を養うためにも、まずは食に関心を持ち、「この食材にはどんな栄養素が含まれているのか」といったことについて、本やWebサイトで調べてみることから始めてはいかがでしょうか。最初は週2~3日食事に気をつけるだけでも構いません。食生活の変化は、必ず心身の変化へとつながります。食事を口にした後の自分の体に耳を傾け、「何をどのタイミングで食べれば体調がいいか悪いか」をチェックするのもいいでしょう。

 私は現役中も現役を離れた今も、食べた物をちゃんと消化してから次の食事を摂るように心がけています。夕食がきちんと消化されていなければ、翌朝は食べません。胃をきちんと休ませてあげることは大切ですし、空腹になれば次の食事をおいしく食べられます。バランスの良い食事を、気心の知れた人たちと一緒に、おいしいと思って食べることがベストかもしれませんね。

精神力を養う食生活、3つのポイント
  • ポイント1:食に関心を持つ
    食材の栄養素や、栄養素の吸収が良くなる食べ合わせなどが書かれた本などを眺め、頭に入れる。

  • ポイント2:食後の自分の体調をチェック
    何を、どれほどの量、どのタイミングで食べれば、お腹の調子が良いか悪いか、体調が優れているか、いま一つなのかなどをチェックし、自分に合った食生活を分析する。

  • ポイント3:少しずつ食生活を改善する
    バランスがよく自分に合った食生活を、最初は週1~2日からと無理なく始め、少しずつライフスタイルに浸透させていく。無理のないチャレンジが大事。

 (まとめ:高島三幸=ライター)



■関連記事
ランニングで「走れる体」に変える食事術
レース前後の栄養補給、こうすれば強いランナーになれる!
ランナーは食事が命、スタミナアップの栄養講座

有森裕子(ありもり ゆうこ)さん
元マラソンランナー
有森裕子(ありもり ゆうこ)さん

1966年岡山県生まれ。バルセロナ五輪(1992年)の女子マラソンで銀メダルを、アトランタ五輪(96年)でも銅メダルを獲得。2大会連続のメダル獲得という重圧や故障に打ち勝ち、レース後に残した「自分で自分をほめたい」という言葉は、その年の流行語大賞となった。市民マラソン「東京マラソン2007」でプロマラソンランナーを引退。2010年6月、国際オリンピック委員会(IOC)女性スポーツ賞を日本人として初めて受賞した。