日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 有森裕子の「Coolランニング」  > 有森裕子 ただ走るだけではダメ! 強いランナーは食事が作る  > 3ページ
印刷

有森裕子の「Coolランニング」

有森裕子 ただ走るだけではダメ! 強いランナーは食事が作る

オリンピックメダルの原動力となった、母の“食育”

 有森裕子=元マラソンランナー

まずは自分の食事に関心を持つことから

 みなさんはプロではないので、ここまで食にストイックになる必要はありません。しかし、忙しいからとインスタント食で済ませたり、栄養の偏った食生活を送ったりすると、肝機能などが衰えますし、体に良いために行っているはずのランニングが、ただ体にダメージを与えるだけの行為になってしまいます。それは体だけでなく心にも必ず影響します。

 ランニングを楽しむためにも、またハードな仕事を乗り切る精神力を養うためにも、まずは食に関心を持ち、「この食材にはどんな栄養素が含まれているのか」といったことについて、本やWebサイトで調べてみることから始めてはいかがでしょうか。最初は週2~3日食事に気をつけるだけでも構いません。食生活の変化は、必ず心身の変化へとつながります。食事を口にした後の自分の体に耳を傾け、「何をどのタイミングで食べれば体調がいいか悪いか」をチェックするのもいいでしょう。

 私は現役中も現役を離れた今も、食べた物をちゃんと消化してから次の食事を摂るように心がけています。夕食がきちんと消化されていなければ、翌朝は食べません。胃をきちんと休ませてあげることは大切ですし、空腹になれば次の食事をおいしく食べられます。バランスの良い食事を、気心の知れた人たちと一緒に、おいしいと思って食べることがベストかもしれませんね。

精神力を養う食生活、3つのポイント
  • ポイント1:食に関心を持つ
    食材の栄養素や、栄養素の吸収が良くなる食べ合わせなどが書かれた本などを眺め、頭に入れる。

  • ポイント2:食後の自分の体調をチェック
    何を、どれほどの量、どのタイミングで食べれば、お腹の調子が良いか悪いか、体調が優れているか、いま一つなのかなどをチェックし、自分に合った食生活を分析する。

  • ポイント3:少しずつ食生活を改善する
    バランスがよく自分に合った食生活を、最初は週1~2日からと無理なく始め、少しずつライフスタイルに浸透させていく。無理のないチャレンジが大事。

 (まとめ:高島三幸=ライター)



■関連記事
ランニングで「走れる体」に変える食事術
レース前後の栄養補給、こうすれば強いランナーになれる!
ランナーは食事が命、スタミナアップの栄養講座

有森裕子(ありもり ゆうこ)さん
元マラソンランナー
有森裕子(ありもり ゆうこ)さん

1966年岡山県生まれ。バルセロナ五輪(1992年)の女子マラソンで銀メダルを、アトランタ五輪(96年)でも銅メダルを獲得。2大会連続のメダル獲得という重圧や故障に打ち勝ち、レース後に残した「自分で自分をほめたい」という言葉は、その年の流行語大賞となった。市民マラソン「東京マラソン2007」でプロマラソンランナーを引退。2010年6月、国際オリンピック委員会(IOC)女性スポーツ賞を日本人として初めて受賞した。

先頭へ

前へ

3/3 page

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

  • 寝ても取れない疲れを取るには?

    「疲労大国」といわれる日本。「頑張って仕事をすれば、ある程度疲れるのは当たり前」「休む間もないほど忙しいが、やりがいがあるから、さほど疲れは感じない」などと思っている人も多いかもしれない。だが、睡眠時間を削るような働き方を続けていると、知らぬうちに疲れはたまる。結果、「寝てもなかなか疲れがとれない」という状態に陥るばかりか、免疫力の低下や、生活習慣病の発症につながることは多くの研究で知られている。疲労の正体から、疲労回復の実践的な方法までをまとめた。

  • つらい筋トレ不要? 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    薄着の季節になると、何かと気になる“お腹ぽっこり”。短期間で何とか解消したい!と思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、手軽に実践できる「ドローイン」と「猫背姿勢の改善」で“ぽっこりお腹”を解消していこう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.