日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 有森裕子の「Coolランニング」  > 有森裕子 ただ走るだけではダメ! 強いランナーは食事が作る  > 2ページ目
印刷

有森裕子の「Coolランニング」

有森裕子 ただ走るだけではダメ! 強いランナーは食事が作る

オリンピックメダルの原動力となった、母の“食育”

 有森裕子=元マラソンランナー

貧血に悩んだ高校時代、鉄分を意識して摂っていたが…

 食への関心が高まるにつれ、競技者だった私はさらに“自分に合った食事”について考えるようにもなりました。そのきっかけは、高校の陸上部で走っていた頃。貧血に悩まされていた私は、大会になるとめまいを起こしていました。貧血対策としてひじきやホウレンソウなどの鉄分が多い食材を意識して摂取していましたが、一向に良くなりません。

 そこで、食後のお腹の調子や体調の変化を意識するようにしました。この食事内容だと、お腹の調子はどうかな、と意識して自分の体に耳を傾けるイメージです。すると、自分の体質に合う食材が少しずつ分かってきました。

 自分の体と向き合うことで、通り一遍のマニュアルではない、自分に合った“食マニュアル”ができてきます。鉄分ばかりを気にしていた私は、結局、別の栄養素が不足して、食生活全体のバランスが偏ってしまっていることに気がついたのです。

 大学4年生になると一人暮らしを始め、自炊をしましたが、朝食メニューはご飯にジャガイモやタマネギなどの具を入れたみそ汁 、イワシ、梅干しと決めました。スポーツ選手にしては粗食のように見えるかもしれませんが、エネルギーとなる炭水化物はしっかり摂りましたし、何よりもこれが自分の体の調子を一番いい状態に維持してくれるメニューだったのです。

粘り強く走り抜くために、食べることは大切

 実業団に入ってからは、学生時代よりもさらなる過酷な練習をこなし、チーム内外でレギュラー争いに挑まなければいけませんでした。私は実業団に入るまでたいした実績を残せていなかったので、他の選手が諦めるぐらい粘り抜き、レギュラーの座を勝ち取るしかありません。

 その粘り強い精神力を身につけるのに、やはり食は少なからず影響していたと思います。単純な話のようですが、粘るためには多少のことでイライラしてはいけません。そこで、感情の起伏を抑えるためにカルシウムを積極的に摂るように心掛けていました。こうした工夫も“粘り強さ”をつけることにつながっていたように思うのです。

 また、激しい練習をして筋肉を使った時は、破壊された筋肉を再生するために、冬場はたんぱく質の豊富なユッケなどを意識して口にしていましたし、疲労が溜まった時は、豚肉などのビタミンB群を意識的に摂取していました。この栄養素の吸収をよくするためにこの栄養素を摂ろうといった食の組み合わせも意識していました。

 練習で疲れて身も心もいま一つの時は、特に苦手な食材を体が受けつけませんでした。でも食べなければ体が持たないほどの厳しい練習なので、出された食事をこっそりとフードプロセッサーにかけて流し込むこともありました。これは、お金をもらって走っていたプロゆえの行動ですが、それほど、走り抜くためには食べることは大切なものだったのです。

持久力と精神力を鍛えるにはトレーニングと食事の両輪が重要。(©Paul Grecaud -123rf)
ジョギング・ランニング
キーワード一覧へ

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

  • 早期発見、早期治療で治す「大腸がん」 適切な検査の受け方は?

    日本人のがんの中で、いまや罹患率1位となっている「大腸がん」。年間5万人以上が亡くなり、死亡率も肺がんに次いで高い。だがこのがんは、早期発見すれば治りやすいという特徴も持つ。本記事では、大腸がんの特徴や、早期発見のための検査の受け方、かかるリスクを下げる日常生活の心得などをまとめていく。

  • 放置は厳禁! 「脂肪肝」解消のコツ

    人間ドック受診者の3割以上が肝機能障害を指摘されるが、肝臓は「沈黙の臓器」だけあって、数値がちょっと悪くなったくらいでは症状は現れない。「とりあえず今は大丈夫だから…」と放置している人も多いかもしれないが、甘く見てはいけない。肝機能障害の主たる原因である「脂肪肝」は、悪性のタイプでは肝臓に炎症が起こり、肝臓の細胞が破壊され、やがて肝硬変や肝がんへと進んでいく。誰もが正しく知っておくべき「脂肪肝の新常識」をまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.