日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

専門医に聞く記事一覧

気管支喘息

気管支喘息(以下、喘息)は、気道が慢性的に炎症を起こすことで狭くなり、発作的に咳や喘鳴(ぜんめい)、呼吸困難感が生じる病気。3000年以上も前から存在する病気でありながら、炎症による発作のメカニズムが明らかになってきたのは1990年代に入ってからだ。長年にわたって喘息の研究や治療を行っている、半蔵門病院(東京都千代田区)副院長の灰田美知子医師に、喘息の原因や診断法、薬の使い方に加え、運動療法などの非薬物療法について聞いた。

続きは日経Goodayマイドクター会員(有料)に登録するとすぐご覧いただけます。

有料会員限定記事ランキング(現在)

記事アクセスランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

PR

このサイトについて

日本経済新聞社について