日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

コラム

狭心症・心筋梗塞

狭心症・心筋梗塞の治療はどう選ぶ?

血管の狭窄が軽度なら薬物療法、75%程度進んだらカテーテル治療か手術を

 聞き手:稲垣麻里子=医療ジャーナリスト

狭心症や心筋梗塞と診断されたら、すぐに治療が始まる。治療法は大きく分けて、薬物療法、カテーテル治療、バイパス手術の3つ。これと並行して生活改善を行う。薬の目的や効果、カテーテル治療の適用、バイパス手術の種類などについて、心臓外科手術のエキスパートであるニューハート・ワタナベ国際病院(東京都杉並区)総長の渡邊剛医師に聞いた。狭心症・心筋梗塞の第1回は「寒い冬の「突然死」をどう防ぐ?」、第2回は「狭心症・心筋梗塞を発見する方法は?」。

回答者
渡邊 剛医師
ニューハート・ワタナベ国際病院(東京都杉並区) 総長

Q 胸痛があったため、冠動脈造影検査を受けたところ、冠動脈が3本とも狭くなっている状態であることが分かりました。医師から心臓バイパス手術を勧められています。カテーテル治療よりもバイパス手術を受けた方がよいのでしょうか。手術をすると完治しますか。(60歳・男性)

A 心筋梗塞や狭心症などの虚血性心疾患の治療法には、薬物治療、カテーテル治療、冠動脈バイパス手術の3つがあります。カテーテル治療は開胸しないため、体への負担が少なく、治療後の回復が早いのですが、冠動脈が狭窄している場所によってはできないことがあるのと、狭窄が再発する可能性もあります。通常、狭窄を起こしている冠動脈が2本以上のときは、カテーテル治療ではなくバイパス手術を行います。治療する冠動脈が2本以上の場合はカテーテル治療ではなく、バイパス手術を行う方が治療として有効です。

続きは日経Goodayマイドクター会員(有料)に登録するとすぐご覧いただけます。

日経Gooday マイドクター 登録初月は無料!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について