日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

専門医に聞く記事一覧

加齢黄斑変性

高齢者の視力低下の原因として、最近注目されている「加齢黄斑変性(かれいおうはんへんせい)」。60代、70代に多く発症し、ある日突然、物が歪んで見えたかと思うと、短期間に視力低下が著しく進み、生活に大きな支障を来す。欧米では失明原因の第1位、日本でも第4位であり、50歳以上の1%に発生するという報告もある。加齢黄斑変性の原因や症状、治療法の主流である抗VEGF療法と、生活改善やサプリメントなどによる予防法について、日本大学病院アイセンター長の島田宏之医師に聞いた。

続きは日経Goodayマイドクター会員(有料)に登録するとすぐご覧いただけます。

有料会員限定記事ランキング(現在)

記事アクセスランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

PR

このサイトについて

日本経済新聞社について