日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

専門医に聞く

睡眠時無呼吸症候群(SAS)

睡眠時無呼吸症候群は治らないって本当?

治療は長期戦、一生付き合う覚悟を

 聞き手:稲垣麻里子=医療ジャーナリスト

睡眠時無呼吸症候群(SAS)は、1976年に病名がつけられ、現在の治療法の主流であるCPAP(シーパップ)療法が初めて開発されたのは1981年、マウスピースの効果が確認されたのは1984年と、歴史としてはまだ浅い。国内患者数が200万人とも300万人とも言われる中、治療を受けているのは1割程度だという。働き盛りを襲う睡眠時無呼吸症候群。より多くの人が早期発見し、治療の意義を認識することが望まれる。・・・

続きは日経Goodayマイドクター会員(有料)に登録するとすぐご覧いただけます。

有料会員限定記事ランキング(現在)

記事アクセスランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

PR

このサイトについて

日本経済新聞社について