日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

サプリメント事典

ビタミンB6

びたみんびーしっくす;びたみんびーろく、vitamin B6

 たんぱく質や炭水化物を分解してエネルギーを取り出したり、神経伝達物質のギャバや赤血球の色素成分(ヘム)、核酸などを合成するのに欠かせない水溶性のビタミン。同じ作用(B6活性)を持つ複数の化合物があり、これまでにピリドキシンなど少なくとも7種類が特定されている。食品ではマグロや鶏肉、牛のレバー、ニンニク、ピスタチオ(木の実の一種)などに多く含まれている。体内で活性型に変わり、たんぱく質や炭水化物を代謝する酵素の補酵素として働く。不足すると湿疹や口角炎、貧血、ふけ症(脂漏性皮膚炎)などを起こしやすくなる。また、ビタミンB12や葉酸と共同で、アミノ酸のメチオニンを、ホモシステインを経てシステインに変える代謝を補助している。ビタミンB6が不足すると、代謝反応がホモシステインで止まってしまう。血中のホモシステインが多くなると、動脈硬化が進みやすいので、予防のためにビタミンB6、葉酸と併せてとるといい。1日当たりの摂取目安量にビタミンB6が0.3~10㎎含まれている食品には「保健機能食品」(栄養機能食品)の表示が認められている。「日本人の食事摂取基準(2010年版)」の成人(18歳以上)1人当たりの1日推定平均必要量は男性1.1㎎、女性1㎎。妊婦は0.7㎎、授乳婦は0.3㎎の付加が必要。推奨量は男性が1.4㎎、女性は1.1㎎。妊婦は0.8㎎、授乳婦は0.3㎎の付加が必要。耐容上限量はピリドキシンとして男性18~29歳と50~69歳が55㎎、30~49歳が60㎎、70歳以上が50㎎。女性18~69歳が45㎎、70歳以上が40㎎。

 

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「サプリメント事典」検索サービスは、日経BP社日経ヘルス編『サプリメント事典 第4版』(2011年3月発行)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は日経BP社に帰属します。

◎本サービスについて
・掲載情報は、日経BP社日経ヘルス編集部の取材活動を基にしたものです。
・本文中、不調や病気に効果があるとされる成分や素材は、その効果を保証するものではありません。
・複数の学名がある場合は原則として代表的なものを示しました。
・(財)日本健康・栄養食品協会が規格基準を設けている健康補助食品の説明は、同協会が発行している「健康補助食品 規格基準案集」から抜粋・要約しました。

日経Gooday マイドクター 登録初月は無料!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について