日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

サプリメント事典

スピルリナ

すぴるりな、spirulina

 学名Spirulina platensis。スピルリナは藻の一種で、語源はラテン語で“らせん”を意味するspira。葉緑素(クロロフィル)を多く含む。クロロフィルには腸内でダイオキシンに吸着して排出を促す働きがある。スピルリナには、β-カロテンや鉄、カルシウムなどのミネラルが多く、食物繊維も豊富。コレステロールを下げる作用や免疫力をアップする作用も報告されている。動物実験では、肝機能の強化や抗がん作用も確認されている。含まれる栄養素が似ているクロレラと比べ、スピルリナは消化吸収が良く、クロレラにはない色素のフィコシアニンを含む。1日目安量は4~8g。クロロフィルの量で40~300㎎。

 

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「サプリメント事典」検索サービスは、日経BP社日経ヘルス編『サプリメント事典 第4版』(2011年3月発行)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は日経BP社に帰属します。

◎本サービスについて
・掲載情報は、日経BP社日経ヘルス編集部の取材活動を基にしたものです。
・本文中、不調や病気に効果があるとされる成分や素材は、その効果を保証するものではありません。
・複数の学名がある場合は原則として代表的なものを示しました。
・(財)日本健康・栄養食品協会が規格基準を設けている健康補助食品の説明は、同協会が発行している「健康補助食品 規格基準案集」から抜粋・要約しました。

期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について