日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

特集

若々しい姿勢を取り戻すシンメトリーストレッチ

シンメトリーストレッチに「ドローイン」を加えよう

腰痛、肩こりを放っておくと、ますます腹がやせにくくなる

 

男性に意外と多い「腰痛」と「肩こり」。 これら二大不調は、実はメタボ腹と密接に関係している。 体幹部の筋肉が本来の働きをしないために、姿勢が崩れて腹がせり出すが、 同時に腰の痛みや凝りを誘発している可能性も大だ! そこで肩と腰を一挙にほぐして鍛える、5つのシンメトリー ストレッチをマスターしよう。 「昔から運動が苦手」「運動する時間がない」という人にもうってつけだ。

 長時間のデスクワークや長年の行動習慣によって、体の筋肉は想像以上にバランスを崩している。運動不足や加齢による筋肉の衰えが進むと、やがて筋肉や関節の動きが狭まる。崩れた姿勢での生活行動は、我々が想像する以上に腰や肩の負担になる。

 座り姿勢で背中を丸くすると、肩甲骨の周りの筋肉は「筋力低下」、胸前の周りは「柔軟性低下」しやすい。この状態が長く続くと、骨盤が後傾して上体を楽にしようとする。身体がこの状態を“記憶”し、猫背が固定化してゆく。

ドローインを加えれば、さらに体幹の強化もできる

 前回紹介した5つのシンメトリー ストレッチに加えて、腹部を意識的にへこます「ドローイン」を取り入れよう。お腹の深部にある「腹横筋(ふくおうきん)」をはじめ、背中の深部にある「多裂筋(たれつきん)」など、体幹部(胴体部分)にある深層筋の強化になる。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

(取材・文:木岡和子/写真:岡﨑健志/モデル:島尾ケンジ(HEADS)/イラスト:三弓素青)

土屋真人さん
フィットネス総合研究所所長
土屋真人さん 中京大学大学院体育学研究科修了、名古屋大学大学院医学研究科・人体解剖トレーニングセミナー修了。現在、愛知県を中心に、パーソナルトレーナー育成とプロアスリート指導のほか、子供から老人まで地域健康指導を行う。「肩こり、腰痛など、不調を訴えている人は“猫背”が多く、背中が張り、胸が縮まっています。姿勢を正すだけでもかなり軽減されるはずです」

(出典:日経ヘルス for Men 2012 SUMMER)

期間限定 日経Gooday マイドクター 最大2カ月無料キャンペーン! 2017年4月1日~5月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について