日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

からだケア

老化を食い止め、健康長生き! 最新アンチエイジング術

コーヒー・ココア・お茶がいい? 老化を食い止める食事と運動の最新事情

第3回 「抗酸化」「血管強化」「代謝アップ」に役立つ食品と運動

 小林真美子

 老化を食い止め、健康で長生きしたい――。これは誰もが共通に思っていることだろう。そして今、若さを保つ「アンチエイジング」効果を示す食品や運動についての研究成果が世界的に蓄積されている。今回は、ここ数年に発表された最新研究から、「抗酸化・抗糖化」「血管機能・血流改善」「代謝アップ」の3つに役立つ食品と成分、運動をそれぞれ紹介していこう。

<1>抗酸化・抗糖化

コーヒー・ココア・茶葉のポリフェノールがカギ

コーヒーに含まれるクロロゲン酸など、ポリフェノールの健康効果が注目されている。(c)Alexander Raths -123rf

 アンチエイジングを支える最も重要な働きが「抗酸化」。活性酸素や糖化産物の蓄積による酸化ストレスは、生活習慣病をはじめとする加齢性疾患を引き起こす最大の要因とされるからだ。

 抗酸化成分として、いま世界的に注目されているのは植物に含まれるポリフェノール類コーヒーのクロロゲン酸や、ココアのフラボノイド茶葉のカテキンなどがその代表だ。これらを多くとる人ほど酸化ストレスと、その結果としての老化が抑えられることが分かってきた。

 例えば、コーヒー消費量と肌の色素沈着の関係を調べた日本の研究。コーヒーを多く飲む人ほどポリフェノール摂取量が多く(下グラフ)、肌の色素沈着が少ないことが分かった。

コーヒーをよく飲む女性ほどポリフェノール摂取量が多い
女性131人(30~60歳)の肌の状態と食事からのポリフェノール摂取の関係を調べた日本の研究。総ポリフェノール摂取量は1日平均1278mgで、このうちコーヒーの寄与率は52%と最大(グラフ)。また、コーヒー消費量および総ポリフェノール摂取量が高いほど顔の色素沈着が少なかった。(データ:Int J Dermatol:54,410-418,2015)
[画像のクリックで拡大表示]

 フラボノイド豊富なココアを毎日飲んでもらった韓国の研究では、肌の弾力やシワの改善に効果があった(下グラフ)。

ココアフラボノイドの摂取で肌の弾力向上、シワが減った
肌に軽い光老化がある韓国人女性62人(43~86歳)を、ココア飲料1日12g(フラボノイド320㎎含有)飲む群と対照群に分け肌の変化を調べた。12週間後、ココア群は肌の弾力を示す指標の一つである「光沢度」が向上(グラフ)。24週間後には、この効果の持続とともにシワが浅くなる効果も現れた。(データ:J Nutr;146:46-50,2016)
[画像のクリックで拡大表示]

 緑茶、紅茶、中国茶の一つホワイトティー(白茶)のいずれかを、紫外線で肌を光老化させたヘアレスマウスに与えた実験では、どの茶でも、コラーゲンと弾性線維の密度が上がり、シワ形成が抑えられる効果が見られた。

 ココアフラボノイドが軽度認知障害の高齢者の認知機能を向上させる可能性を示した報告や、タマネギやサニーレタスなどに豊富なケルセチンの神経保護作用を示した報告もある。

 50代後半の女性、約1万人を15年追跡し、70歳以上に達した1517人を分析した結果、ポリフェノール類の摂取は、(1)慢性疾患、(2)認知機能、(3)身体機能、(4)メンタルヘルスの4つに問題がない「ヘルシーエイジング」を実現する確率を高めることも分かっている。

続きは日経Goodayマイドクター会員(有料)に登録するとすぐご覧いただけます。

日経Gooday マイドクター 会員限定記事が読み放題! 新春キャンペーン 2月末まで無料! ご登録は1月末まで

マイドクターで相談!

24h、健康相談と医療機関の案内

メンタルヘルス相談(時間制限あり)

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について