日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

有料会員限定

老化を食い止め、健康長生き! 最新アンチエイジング術

体内時計の乱れが老化を加速する!

第2回 メラトニンをうまく使って老化スイッチをオフ

 やまきひろみ

 老化を食い止め、健康で長生きしたい――。これは誰もが共通に思っていることだろう。そして今、若さを保つ「アンチエイジング」効果を示す食品や運動などについての研究成果が世界的に蓄積されている。本特集では、最新研究に携わる専門家に、今すぐ始められる最新アンチエイジング術を聞いていく。今回は、生体リズムの専門家である東京医科歯科大学の服部淳彦教授に話を聞いた。老化の速さは、体内時計の乱れと密接に関係しているという。

体内時計は時計遺伝子によってコントロールされている。(c)Nataliya Velykanova -123rf

 「老化のスピードには、体内時計の乱れが大きく関係していることが、近年の研究でわかってきた」と話すのは、生物の生体リズムに詳しい東京医科歯科大学教養部の服部淳彦教授。

 体内には、体を活動や休息に適した状態にしたり、体温やホルモン分泌を変動させる1日のリズムがある。このリズムをつくるためのシグナルを発するのが体内時計だ。体内時計は時計遺伝子によってコントロールされている。

 「時計遺伝子に何らかの異常が起きて体内時計が乱れると、老化のスピードが速まったり、メタボリックシンドロームになりやすくなることが動物を使った研究からわかっている。また、昼夜交代制勤務など生活リズムが不規則な人は、生活習慣病などのリスクが高いという報告もある」(服部教授)。

老化予防にはメラトニンをきちんと分泌させることが大事

 そこで力を発揮するのが、体内時計の情報を伝えるメラトニンという物質だ。

 「メラトニンには基本的に、夜間に分泌量が増え、昼間の分泌量は少ないという明確なリズムがある。全身の細胞に“夜が来た”という時刻情報を伝え、睡眠や休息を促す役割を担っている」(服部教授)。

 睡眠は新陳代謝を促す成長ホルモンの分泌を高める。老化予防にはメラトニンをきちんと分泌させて深い眠りを得ることが重要だが、「夜に強い光を浴びるとメラトニンの分泌が抑制されて、寝つきが悪くなったり、眠りが浅くなりやすい」(服部教授)。

夜間に浴びるブルーライトは生体リズムを乱す一因
「就寝2 時間前にブルーライトカットの眼鏡を着用したら、入眠までの時間が短縮したという研究結果もある」(服部教授)(c)Leung Cho Pan -123rf

 「とくに気をつけたいのが就寝前のスマートフォン。液晶画面のブルーライトが網膜に強い刺激を与え、脳に『朝だ』と誤った認識をさせてしまう」(服部教授)。

続きは日経Goodayマイドクター会員(有料)に登録するとすぐご覧いただけます。

日経Gooday マイドクター 会員限定記事が読み放題! 新春キャンペーン 2月末まで無料! ご登録は1月末まで

マイドクターで相談!

24h、健康相談と医療機関の案内

メンタルヘルス相談(時間制限あり)

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について