日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

からだケア記事一覧

いくつになっても血管は強くできる

 「人は血管から老化する」という言葉があるように、血管を若く保つことは老化を防ぐ第一歩。テレビなどでも「血管」を強くするテーマは花盛りだ。今年こそ「血管を強くして健康になろう」と思う方も多いだろう。だが、血管を若返らせることは本当にできるのだろうか。そのためには何をすればいいのか――。

 本特集では、ドイツ ボッフム大学永代教授で、冠心会大崎病院東京ハートセンター顧問の心臓外科医・南和友先生に、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする食事法・運動法を聞いていく。南先生は、これまで2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたエキスパート。70歳を過ぎた現在も年間100件以上の心臓手術を行う、まさに「老い知らず」の心臓外科医だ。南先生は、「血管は、何歳になっても強くすることはできます」と力強く語る。

南 和友(みなみ かずとも)さん
ドイツ ボッフム大学永代教授、医療法人社団冠心会大崎病院東京ハートセンター顧問
南 和友(みなみ かずとも)さん 1974年京都府立医科大学卒業。1976年にドイツのデュッセルドルフ大学胸部血管外科へ留学し、以後30年間ドイツで心臓外科に従事。2004年ドイツのボッフム大学永代教授、2005年日本大学医学部心臓血管外科教授、2010年北関東循環器病院病院長、2017年より現職。これまで2万件以上の心臓・血管・肺手術に携わり、現在も年間100件以上の心臓手術を行う。著書に『蘇活力 血流をコントロールして弱った身体をよみがえらせる』(2013年)、『老いるほど血管が強くなる健康法』(2016年、いずれもアチーブメント出版)など多数。
日経Gooday マイドクター 会員限定記事が読み放題! 新春キャンペーン 2月末まで無料! ご登録は1月末まで

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について