日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

からだケア

いくつになっても血管は強くできる

血管は乱れた食生活でボロボロになっていく

第2回 血管を強くする「食事の3原則」とは

 田中美香=医療ジャーナリスト

 長く健康で生き生きと過ごすためには、強い血管を保つことが大切だ。そして、その実現のためには、適切な「食生活」が欠かせない――。では、食生活をどうすればいいのか。よく「血管にいい」といわれる食材があるが、それを食べればOKなのか。今回も、“老い知らずの心臓外科医” 南和友先生に、血管を若返らせる食事法を聞いていく。南先生が推奨する「食事の3原則」とは?


 第1回で解説したように、人の生命力は血管によって維持されている。血液は、血管を通って体全体に栄養や酸素を届け、老廃物を回収する役割を持つ。血液がスムーズに流れると、新陳代謝が促進されて体の健康、そして若さが維持される。だが、不適切な食生活や運動不足、さらにストレス過多な生活を続けると、血管が傷みやすくなり、血管は硬くなり、血液の質も悪化し、健康や若さは損なわれてしまう。

食生活は血管の若さを保つための重要な要素。血管は年齢ではなく、乱れた食生活でボロボロになっていく。(c)santosh chavan -123rf

 これから先の人生で、健康寿命をどれだけ延ばせるか、そして見た目の若さを維持できるかも、血管などの循環器系をいかに若く保てるかにかかっている。ドイツのボッフム大学永代教授で、冠心会大崎病院東京ハートセンター顧問の南和友先生は、「食事、運動などの生活習慣の改善により、血管は何歳になっても若返らせることは可能です」と話す。血管年齢は実年齢に比例しないのだ。

 前回紹介したように、南先生は、血管の若さを保つための重要な要素は、「血圧」「コレステロール」「血糖値」の3つだと話す。これらを正常値に保つには、乱れた食生活を見直す、有酸素運動によって運動不足を解消するなど、日常生活の改善が欠かせない。食事と運動という2大ポイントのうち、今回は食事を取り上げる。

血管を強くする食事の効果は、21日目以降に徐々に表れる

 南先生は、「血管は年齢ではなく、乱れた食生活でボロボロになっていくのです」と話す。「食生活次第では、30歳を過ぎると動脈硬化が進行し始めます」と警告する。

 「血管を若返らせる食事」というと、タマネギ、納豆など“特定の食材”がフォーカスされることが多い。実際、テレビや雑誌などを見ていると、「血液を若返らせる食材」「血液をサラサラにする食材」などがよく取り上げられる。そして、テレビで取り上げられると、スーパーの棚からその食材が消える、などということも珍しくない。

 もちろん、タマネギも納豆もいい効果がある。だが、南先生は、はやりの食材を「部分的」に取り入れることは避けたほうがいいと話す。

 「血管や血液にいい食材というのは確かにあります。ただし、単体で取り入れて満足するのではなく、生活そのものを変えるために使ってください」(南先生)。例えば、納豆を取り入れても、高塩分のおかずを好んで食べ、炭水化物の重ね食べを続けていたら、血管を若返らせることはできない。つまり、基本となる食生活を変えずに、ただ流行の食材だけを取り入れるだけでは意味がないのだ。

 では、基本となる食生活をどうすればいいのだろうか――。血管を強くするための食事法には3つの原則があると南先生は話す。

続きは日経Goodayマイドクター会員(有料)に登録するとすぐご覧いただけます。

日経Gooday マイドクター 会員限定記事が読み放題! 新春キャンペーン 2月末まで無料! ご登録は1月末まで

マイドクターで相談!

24h、健康相談と医療機関の案内

メンタルヘルス相談(時間制限あり)

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について