日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

からだケア

体も脳も若返る!「健康寿命」の延ばし方

筋肉は何歳からでも増やせる! 1日10分の“ 続けられる”筋トレ

寝たきりにならない! 健康寿命を延ばす「おとなの筋トレ」(後編)

 柳本 操=ライター

 「元気で自立した生活を送る100歳を目指すなら、蓄えておくべきは筋肉です」と言うのは、筑波大学大学院教授の久野譜也さん。歩くだけでは鍛えることができない下肢の筋肉を日々の筋トレで太くすれば、若々しい体を維持できる!
 2回に分けてお送りする、健康寿命を延ばす「おとなの筋トレ」。後半となる今回は、効果を実感できる筋トレを紹介していく。1日10分でOKなので、まずは試してほしい。大切なのは「筋トレを継続すること」だ。

 前回も紹介したように、現在の日本では、平均寿命と健康寿命との差(=誰かの世話にならないと自立した生活ができない期間)は、男性で9.02年、女性で12.40年にもなる。いくら長生きしても、10年前後、寝たきりや介護を受けて過ごすのは本意ではない……。そう思う人に、筑波大学大学院教授の久野譜也さんが「ぜひしてほしい」と提案するのが筋トレだ。

 「筋肉は何歳からでも増やせます。特に鍛えるべきは、年齢とともに細くなりやすい速筋。筋肉には速筋と遅筋の2種類があり、実は2時間歩いても、使われているのは遅筋で、速筋は鍛えられません。速筋を安全かつ効果的に鍛えるには筋トレが必須です」(久野さん)。

将来寝たきりにならないために鍛えるべき筋肉
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
筋肉には「速筋」と「遅筋」とがあるが、年齢とともに減っていく筋肉の大部分は「速筋」。ウォーキングでは速筋は全くといっていいほど使われない。筋肉に負荷をかける筋トレで鍛える必要がある

続きは日経Goodayマイドクター会員(有料)に登録するとすぐご覧いただけます。

期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について