日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

からだケア

体も脳も若返る!「健康寿命」の延ばし方

知ってるつもり? 健康寿命のウソ・ホント

日本の健康寿命は本当に長いのか? 健康寿命に影響する要因は?

 北村昌陽=科学・医療ジャーナリスト

最近、よく話題になる「健康寿命」。漠然と「健康でいられる期間」などと理解している方が多いかもしれないが、実際にはどういう数字なのか説明できるだろうか。また、日本は長寿の国と言われるが、健康寿命も長いのだろうか。健康寿命に影響する要因は何なのだろうか――。これら「知っておくべき健康寿命のウソ・ホント」について、厚生労働省・健康日本21(第二次)推進専門委員会委員長などを務める東北大学大学院医学系研究科 教授の辻 一郎さんに話を聞いた。

Q. そもそも健康寿命とは何ですか? 平均寿命と何が違うの?

A. 平均寿命のうち「健康的に暮らせる期間」が、健康寿命です。

最近よく取り上げられる「健康寿命」。健康寿命とはどういうものか、正しく説明できますか? (©PaylessImages -123rf)

 「健康寿命」とは、「健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間」のこと。人生には、病気やけが、加齢といったさまざまな理由で、生活や行動が制限される期間があります。それを除いた、健康的な生活が送れる期間を「健康寿命」と呼ぶのです。

 一方、よく知られている「平均寿命」は、いま0歳の人がどれだけ生存できるかを指す数値のこと。日本は、男女とも平均寿命が長い長寿の国ですが、少子高齢化が進む最近は、単なる長寿以上に「健康で長生き」が重視されます。そこで最近、「健康寿命」が注目されているのです。

 「実際には、何をもって『日常生活が制限される』とするかによって、健康寿命にもいろいろな種類があります」。東北大学大学院医学系研究科教授で、公衆衛生学が専門の辻一郎さんはこう話します。

 主なものは次の5種類です。

健康寿命のさまざまな定義
  • ①社会生活(学業・就労・運動など)を営む上で制限のない期間
  • ②自分は健康であると自覚している期間
  • ③認知症のない期間
  • ④日常生活動作(食事、排泄など)を行う上で制限のない期間
  • ⑤介護保険の認定を受けない(認定非該当=自立)期間
 どの考え方を取るかで、同じ「健康寿命」という言葉でも、少しずつ意味が違います。例えば、身体機能に問題はないけれども社会生活の面で支障がある状況のとき、①では「制限あり」に当てはまりますが、④や⑤では当てはまりません。厚生労働省が主導する健康づくり運動「健康日本21」(第二次)では、①の考え方を採用しています。

続きは日経Goodayマイドクター会員(有料)に登録するとすぐご覧いただけます。

期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について