日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

ダイエット・食生活

健康寿命を左右する主食の選び方

朝食に「3割麦ごはん」から! 納得できる大麦の選び方、賢い食べ方

第3回 2016年に売上倍増! みんなが大麦を買いに走った理由とは

 柳本 操=ライター

 肥満、メタボ対策のために、“減らしたほうがいい”と思いがちなのが「主食」。だが、主食は健康を左右する大切な食べ物だ。主食を何でとるかが、血糖値、メタボ、さらには寿命にまで影響することが近年の研究で分かってきた。
 今、数ある穀物の中でも、最も注目されているのが大麦だ。近年、大麦の水溶性食物繊維の健康効果が次々と明らかになっている。では、大麦を毎日どのくらい、どのように食べればいいのだろうか。最終回では、大手穀物メーカー、はくばくに実践的な大麦の選び方、食べ方を聞いた。

今、注目の大麦、本当に売れているのか

水溶性食物繊維を多く含む大麦は、様々な健康効果がある。テレビや雑誌などで取り上げられるケースも増えている。(c)Arisara Tongdonnoi -123rf

 今回の特集では、「穀物由来」の食物繊維の摂取量が、糖尿病、メタボはもちろん、がんや心筋梗塞、脳卒中、さらには総死亡リスクまで影響することを紹介した。私たちは、「穀物由来」の食物繊維を上手にとっていく必要がある。そこで今、世界的に「全粒穀物」(精製されていない穀物)が注目されている(詳しくは特集の第1回「全粒穀物で死亡リスクが下がる! 『主食の選択』が健康寿命を左右する」を参照)。

 中でも、今、最も注目されているのが大麦だ。水溶性食物繊維を多く含む大麦は、腸内環境を整え、食後の血糖値の上昇を抑える効果がある。さらに、「次の食事」の血糖値上昇を抑えるといううれしい効果まである。また、大麦は水溶性食物繊維が外皮に集中しておらず、粒の中に満遍なく存在するため、精製したものでも食物繊維が豊富というユニークな特徴がある。このため、大麦の場合は「全粒」でなくても、健康効果を期待できるわけだ(詳しくは特集の第2回「内臓脂肪が減る、血糖値上昇も抑える…大麦が注目される4つの理由」を参照)。

 大麦の健康効果は、日経Goodayに限らず、テレビや雑誌などで取り上げられるケースが増えている。読者の中にも、「日々の食生活に、大麦を取り入れようか」と検討している人もいるだろう。

 しかし、実際に、スーパーなどの穀物売り場に足を運ぶと、店頭には「もち麦」「押麦」「胚芽押麦」など様々な商品が棚に並んでいる。そもそも、どれが大麦なのか、さらにその中でどれを選べばいいか困ってしまう。「米粒麦」というパッケージもあり、「米なの? 麦なの?」などと思った人もいるのではないだろうか。実は、これらはいずれも大麦だ。また、同じ大麦でも、もち麦と押麦では価格差がある。最近、テレビなどで取り上げられ、売り切れが続出したのは「もち麦」だが、押麦ではダメなのだろうか。

 そこで今回は、実践的な大麦の選び方、食べ方を、穀物大手のはくばくに聞いていく。同社は、大麦や雑穀を原料にした炊飯用穀物、麺、粉などさまざまなラインナップをそろえる総合穀物メーカーで、スーパーで品切れが続出したことで話題になった「もち麦ごはん」も同社のヒット商品だ。

2016年度に大麦がブレイク!

 大麦、雑穀、発芽玄米など数ある穀物商品の中で、今、どの商品が人気なのだろうか。そして大麦は本当に売れているのだろうか。

 はくばく 市場戦略本部 商品戦略部 広報の山下奈々さんは、昨年度(2016年度)に大きな転機があったと話す。

 「2016年度に大麦の売り上げが急増しました。これまで、穀物関連商品(雑穀・大麦・発芽玄米など)の中では『十六穀ごはん』などのミックス雑穀のシェアが最も高かったのですが、2016年度に大麦商品(下グラフの大麦)の販売が急増し、このジャンルで50%近くのシェアになりました。大麦商品は、金額ベースでも前年度比で2.6倍になっています。穀物関連商品全体の市場規模も前年度比40%増と伸びていますが、この伸びを大麦が牽引した形です」(山下さん)

大麦、雑穀などの穀物関連商品の売上金額とシェアの推移
発芽玄米、大麦、ミックス雑穀などの穀物関連商品の売上金額の推移。2015年度まではミックス雑穀がトップシェアだったが、2016年度は大麦の売上が急増した。穀物関連商品内のシェアも20%台から49%に伸び、ナンバー1シェアとなった。データは、総合スーパー、スーパーマーケット、ドラッグストア、コンビニエンスストアの売上金額の合計。はくばく以外の商品も含む。(出典:インテージSRI)
[画像のクリックで拡大表示]

続きは日経Goodayマイドクター会員(有料)に登録するとすぐご覧いただけます。

日経Gooday マイドクター 登録初月は無料!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について