日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

有料会員限定

中野ジェームズ修一監修! 絶対に成果が出るウォーキング

「運動強度」の足りないウォーキングはいくらやっても意味がなかった!

第1回 ポイントは歩数ではなく歩幅、広くすると筋肉がたくさん使われる

 松尾直俊=フィットネスライター

 誰もが手軽に始められる運動として、すっかり市民権を得た感のある「ウォーキング」。これまでほとんど体を動かしていなかった人であれば、散歩程度の歩きでもある程度のカロリー消費、血行促進などの効果が期待できることは確かだ。しかし、健康のために体力を増強しよう、脂肪を落とそう、という目的であれば、ただ漫然と歩いていたのでは成果は出にくい。
 そこで、著名なフィジカルトレーナーであり、『フィジカルトレーナーが教える 正しいウォーキングの始め方』(大和書房)の著書もある中野ジェームズ修一さんに、ウォーキングを「運動」として行うために、最も効果的な方法を伝授してもらった。



 「運動したほうがいいことは分かっている。でも、何から始めていいのか分からない…」。そんな人が最も手軽に始められる運動が、ウォーキングだ。“歩行”は人間の基本行動に組み込まれた能力。体を動かす習慣を身に付けるために、ウォーキングは最も身近な運動ということができる。

 「運動は継続することが一番大切です。体が慣れていないうちに強度の高い運動に挑戦すると、故障をしたり、苦しくてやめてしまったりします。そういった意味でも、ウォーキングは運動習慣の入り口としてはいいものだと思います」と中野ジェームズ修一さんは語る。

「運動強度」が低ければ、いくら歩いても効果は期待できない!

 しかし、ウォーキングは、やり方によっては想像するほど活動量が増えず、思ったほどの効果が得られないことをご存じだろうか。

 「私は趣味でランニングをしますが、その最中にウォーキングをしている人にも多く出会います。そのたびに『ああ、アドバイスしたい!』という衝動にかられることがあるんです(笑)。なぜかというと、ほとんどの人の歩き方が、運動強度が低いのです。特に中高年の場合、猫背気味で下を向きながら、小股でちょこちょこ歩いている人が目立ちます。数人の仲間とおしゃべりをしながら、買い物や散歩の時と変わらない速度で歩いている人もよく見かけます。そうした歩き方だと、残念ながら、何年やっても、運動という意味での効果はほとんど期待できません」(中野さん)

図1 運動効果が期待できないウォーキングの典型例
[画像のクリックで拡大表示]

続きは日経Goodayマイドクター会員(有料)に登録するとすぐご覧いただけます。

期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について