日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

からだケア

ささいなことで怒らない「寛容力」のコツ

元自衛隊「心理教官」が説く、不寛容にならないコツ

ちょっとしたことで怒ったり傷ついたりしない――『寛容力のコツ』著者に聞く(第1回)

 柳本操=ライター

 ささいなことに腹を立てず、ちょっとした言葉に傷つかない人になりたい。そう思っても、このストレス社会では不可能なのではないか、と思う読者も多いかもしれない。『寛容力のコツ』の著者である心理カウンセラーの下園壮太さんは、「寛容でありたいと思う人は、誰かにイラッとするたびに相手を責め、同時にどこかで自分を責めている」と言う。
 さらには、寛容でなくなる直接的な原因として「疲労」がかなり影響する、と解説する。私たちが自ら意識して寛容力を高めることは、はたして可能なのか。下園さんに聞いた。

社会全体を覆う「怒り」は、社会の損失でもある

下園壮太 さん。『寛容力のコツ』の著者。心理カウンセラー。
[画像のクリックで拡大表示]

下園さんは、自衛隊で長く「心理教官」を務めてこられ、退官後は一般の人を対象に心理カウンセラーとして活動をされています。自衛隊の隊員と一般の人を比べて、メンタルの面で違いはあるのですか?

下園さん あまりないですね。みなさん、自衛官に対して特殊な感じを持っておられて「なにか特別な技法を使ってカウンセリングをしてきたのでは」と期待してくださるのですが、同じ人間ですから、同じようなことで悩んでいるし、私自身、カウンセリングする手法も同じやり方を使ってきました。

 ただ、一つ言えるのは、自衛隊の隊員は肉体を鍛えているということと、対人関係に慣れている、という特徴があること。自衛隊に入隊すると、隊員は最初の3カ月で、濃厚な集団生活を経験します。そこではわざと精神的に追い込まれたり、助け合わないと前に進まないという条件にさらされます。その経験を通して、だいぶ、メンタル面も強くなるのです。

メンタル面、というとまさにテーマになってくるのが「寛容力」ですよね。 今、社会全体に寛容さが減り、ぎすぎすしていると感じます。新著『寛容力のコツ』でも芸能人のスキャンダル報道など、小さな正義を振りかざし、誰かを追い詰めようとする風潮があるということが書かれていました。社会を覆っている空気感も、この本を執筆しようと思われたきっかけの一つだったのでしょうか。

『寛容力のコツ』(三笠書房)

下園さん その通りです。日替わりのように、政治家や芸能人をバッシングする報道を目にします。いわゆる著名人だけでなく、社会全体に、「何か問題が起こったらその当事者をとことん追及するのが是だ」という空気があります。

 もちろん、それは論理的には正しいのかもしれませんが、理想と現実は異なる。「水清ければ魚棲まず」ということわざがあるように、水が清らかすぎると魚は棲まないし、人が潔白すぎると仲間もできない。人間もときには間違いを犯すものなのに、それを「絶対に許してはならない」という空気が出来上がるのです。

期間限定 日経Gooday マイドクター 最大2カ月無料キャンペーン! 2017年4月1日~5月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について