日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

からだケア

がんを予防する生活習慣見直し講座

お酒は飲むなら1日当たり日本酒1合、ビール1本まで

第3回 日本人は痩せすぎも問題! 適度な運動でリスクは低下

 

日本人の死因第1位のがん。生涯でがんになる確率は男性63%、女性47%にも達する。毎年36万人以上がこの病気で亡くなり、その数は年々増えている。国立がん研究センターの社会と健康研究センター長の津金昌一郎さんと、がん対策情報センターがん統計・総合解析研究部長の片野田耕太さんに、飲酒と運動について聞いた。

 「酒は百薬の長」といわれ、適量の飲酒は、リラックス効果と脳梗塞や心筋梗塞の予防効果が認められている。しかし、1日2合以上飲み続けると、口腔がん、喉頭・咽頭がん、食道がん、大腸がん、肝臓がんになるリスクが上がることもまた事実だ。

 「2合以上飲む人がいなくなれば、男性のがんの13%程度は予防できる計算になります。女性は大量飲酒者の割合が少ないものの、飲酒のダメージを受けやすく、1日1合を超えると乳がんのリスクが高まります」と国立がん研究センターの社会と健康研究センター長の津金さんは説明する。

飲酒によるリスク上昇は「確実」
[飲酒] 食道がんの発症リスクは日本酒を1日2合以上で4.6倍、特に喫煙者は飲酒量が増えるほどがんの発生率が高くなる。酒に含まれるエタノールが体内で分解される際に活発になる酵素が発がん性物質を活性化すると考えられている。

リスクを確実に上げる:肝臓がん・大腸がん・食道がん
飲酒量とがん死亡リスクとの関連(男性)
Inoue M,et al. Epidemiol Comm Health 2012;66:443-56.
[画像のクリックで拡大表示]
飲まない人を1としたがんの死亡リスク。ただし、飲めない人が無理に飲む必要はない。女性は男性以上に飲酒の影響を受けやすい。(厚生労働省研究班による「多目的コホート研究」より)

続きは日経Goodayマイドクター会員(有料)に登録するとすぐご覧いただけます。

期間限定 日経Gooday マイドクター 最大2カ月無料キャンペーン! 2017年4月1日~5月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について