日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

有料会員限定

梅雨や夏こそ気分スッキリ! インドア簡単エクササイズ

つり革や手すりを使って簡単「アイソメトリックトレーニング」!

第3回 電車の揺れや加減速を利用したバランストレーニングもお薦め

 松尾直俊=フィットネスライター

 ジメジメした季節や夏の暑い日にも屋内で手軽にできるエクササイズを、“骨格筋評論家”としても活躍する日本体育大学准教授の岡田隆さんに教えてもらう本特集。第3回は、「通勤電車の中でできるエクササイズ」。つり革や手すり、車両の揺れや加速・減速の負荷…電車の中にはトレーニングに利用できるツールが溢れている!



 皆さんは普段、通勤や通学の電車の中でどうやって過ごしているだろうか。今や車内を見渡すと、大半の人がスマホの画面を眺めている姿が目に付くようになっている。しかし、実はその姿勢が頸椎の自然な湾曲を妨げ、首こりや肩こりを作り出しているのだ。

 「それではあえて自分の体を痛めつけているようなものですね。電車の中といえども、体づくりに役立てるためにできることはいくらでもありますよ」と日本体育大学准教授の岡田隆さんは話す。

つり革をうまく使って、腕のアイソメトリックトレーニング

 「例えば、電車の中にあるつり革手すりを使って、ウエイトトレーニングの代わりにすることができます。まず、つり革ですが、握り方と引き方の違いで、腕の筋肉群の違った部位に効かせることができるんです」(岡田さん)

 小指を前(向こう側)に向けてつり革を握り、肘を自分の方に曲げると前腕部にある腕橈骨筋という筋肉に力が入る。次に、拳を自分のほうに向けて握り、同じよう引くと上腕二頭筋のトレーニングができる。

左:小指が向こう側になるようにつり革を握り、そのまま肘を自分の方に曲げると、腕橈骨筋に力が入る。右:手の平を自分のほうに向けて拳を握り、同じよう引くと、上腕二頭筋のトレーニングになる
[画像のクリックで拡大表示]

続きは日経Goodayマイドクター会員(有料)に登録するとすぐご覧いただけます。

日経Gooday マイドクター 登録初月は無料!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について