日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

からだケア

“ロカボ”山田悟の糖質制限の誤解

私が「ロカボ」提唱者になった理由

第1回 患者さんの悔し涙が私を突き動かした

 山田 悟

 今、緩やかな糖質制限を示す「ロカボ」という言葉が世の中に広く浸透しつつある。ダイエットのため、それに血糖値対策のためにロカボを実践している人も多いだろう。ロカボを提唱したのは、糖尿病専門医(北里大学北里研究所病院糖尿病センター長)で、食・楽・健康協会の代表理事を務める山田悟さんだ。

 広く普及したように見えるロカボだが、山田さんは「主食を食べちゃいけないの?」「油やカロリーのとりすぎになって、かえって体に悪いのでは?」など、誤解されている面も多いと話す。日々1300人の患者と向き合う中で、「食べる喜びをしっかり味わいながら、健康になる」ことがなにより大事だと話す山田さんがロカボについて医学的根拠から説き起こし、わかりやすく伝えていきます。

ロカボは患者への「無念」から始まった

 私は糖尿病専門医で、総合内科専門医です。

 現在、「緩やかな糖質制限食=ロカボ」という考え方を普及させることによって、「健康になりたいなら食事を我慢しなさい」「おいしいものを食べたら不健康になる」という考え方を、「おいしく、楽しく食べて健康になれる」という考え方に大きくシフトチェンジし、多くの人が健康になれる、そして社会全体の医療費、社会保障費を大きく削減する、という夢を掲げて医療と啓発活動を行っています。

 私は、「ロカボ」を以下のように定義しています。


【ロカボとは?】

 糖質を1食20~40g、それとは別に1日10gまでのスイーツ・間食を食べて、1日の糖質摂取量をトータル70~130gにするという食事法。気にする必要があるのは糖質のみで、血糖値を上げないたんぱく質や油は満足するまで食べてよい。

 ごはん、パンなどの主食をとってもOKだが、量は“緩やかに”制限する。主食の1食当たりの目安はごはんなら軽くお茶碗半分、食パンなら6枚切りを半分か1枚程度。おかずでは芋類など糖質の多いものは控える。


 現在の日本人は平均的に、1食で90~100g、1日270~300gの糖質をとっています。ロカボでは糖質をその半分弱程度に抑える必要がありますが、あくまでも「緩やか」な糖質制限であるため、糖質も制限内におさめれば食べて大丈夫です。このロカボ食を続けることによって、

  • おいしいものをおなかいっぱい食べられるから、無理なく続く
  • 引き締まった体形になる
  • 血糖値が改善
  • 血中脂質が改善
  • 血圧も改善

 と、うれしい変化が起こります。

 第1回目の今回は、そもそも私がなぜこれほどまでに「ロカボ」にのめりこむようになったのかについて、お話をさせてください。

 今から15年前、私が北里研究所病院に赴任したときに出会った77歳の糖尿病の男性は、非常にストイックに自らを律する力のある患者さんでした。

 治療成績もよく、2カ月間の血糖値の平均を見る指標「HbA1c(ヘモグロビンA1c)」もほぼ正常値をキープできていました。ところがある日、とても暗い表情をされているのです。

 「どうされましたか?」と聞いてみると、その男性の喜寿のお祝いがあり、家族が祝いの席を用意してくれたそうです。しかし、周囲のみんなはフルコースを食べていたのに自分だけはワンプレートのお子様ランチのような食事しか食べられなかった。

 「どうして自分は家族と同じものを食べてはいけないのだろう。お祝いの席なのに、思い切り食事を楽しむことができないことが本当に悲しく、悔しかった」とおっしゃったのです。

 これまで、そういう患者さんがいなかったわけではありません。

 もうすぐ会食がある、という患者さんには「その日ぐらいは羽目を外してください」という言い方をしていました。ところがその男性の場合は、もう会食のイベントは終わっており「好きなものを食べてもよかったんですよ」と言うと、その男性の努力と我慢をばかにすることになる。わざわざ男性のための食事を料理人に相談し用意をされたご長男の思いを踏みにじることにもなる。私には、返せる言葉がないのだ、ということに気づきました。

続きは日経Goodayマイドクター会員(有料)に登録するとすぐご覧いただけます。

日経Gooday マイドクター 登録初月は無料!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について