日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

からだケア

尿酸・痛風の新常識

痛風は30年前の4倍以上! 今や「おじさんの病気」ではない

第1回 発作も怖いが、高尿酸を放置すると腎機能低下や尿路結石も

 村山真由美=フリーエディタ―・ライター

 職場の健康診断で尿酸値がひっかかっている人は、放置すると痛風発作を起こす可能性が高まるので要注意だ。痛風発作の痛みは「キリを突き立てられたような痛み」とか「骨折のような痛み」などと形容される。「とにかく痛いらしいが、今は症状がないから特に予防はしていない」という人が多いだろう。
 しかし、痛風はある日突然襲ってくる。痛い思いをする前に、痛風とはどんな病気なのか、そして、発作を防ぐにはどうしたらいいのかを知っておこう。

あなたの尿酸値の常識、アップデートする必要がありませんか

痛風はある日突然襲ってくる。痛風リスクが高まる前に、生活習慣の改善に着手しよう。(c)thamkc -123rf

 ミドル以上の男性が、健康診断の結果で気になるデータといえば、肝機能、脂質、そして尿酸値だろう。尿酸値が7.0mg/dLを超えた状態は「高尿酸血症」と呼ばれ、痛風の発作を起こす可能性が高まる。健康診断で尿酸値がひっかかっており、「オレもそろそろ危ないかも…」と心配している人も少なくないだろう。

 実際、会社などの飲み会で、「とうとう痛風になったよ。あのときは大変だった…」などという“痛風自虐話”が出ることは珍しくない。「とにかく痛いらしい」という話が広く知られているだけに、「次は自分か」「痛風にだけはなりたくない」などと誰しもが思っているだろう。

 多くの男性が気にするこの痛風、そして尿酸値。一般に「プリン体が原因なので、プリン体を抑えた発泡酒などを選べばいい」「魚卵、レバーはダメ」など、いろいろな“常識”が知られている。しかし、これらの常識がすべて正しいわけではない。

 痛風はある日突然襲ってくる。健診結果の尿酸値が徐々に上昇し、痛風リスクが高まる前に、尿酸値上昇を防ぐための“正しい知識”を身につけ、生活習慣の改善に着手したいところだ。

 実は、夏は尿酸値上昇のリスクが高まる季節であることをご存じだろうか。詳しくは第3回で説明するが、尿酸値上昇と水分摂取とは深い関係がある。暑い時期は、汗を多くかき、体内の水分が奪われるため、血中の尿酸の濃度が高くなりやすいのだ。夏場を迎える前に、尿酸値についての正しい知識を身につけておきたい。

 本特集では、『高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン』の作成に携わった帝京大学医学部名誉教授の藤森新さんに、痛風・高尿酸血症の怖さから、尿酸値についての誤解、そして生活習慣を改善するためのポイントを聞いていく。第1回となる今回は、痛風・高尿酸血症の現状と、高尿酸血症を放置するとどうなるかを紹介していく。

痛風患者は30年前の4倍以上に! 痛風予備群は1000万人

 まずは、痛風・高尿酸血症の現状を把握しておこう。

 今でこそ、誰もがかかる可能性がある一般的な病気となっている痛風だが、かつては日本ではほとんど見られない病気だった。それが変わったのが、高度経済成長期以降の日本の食生活の変化だ。

 「1960年代の高度経済成長期に肉やアルコールの消費量が増え、それと合わせるように痛風の患者さんが増加しました」(藤森さん)

痛風患者は今も増加傾向にある
2013年の痛風の推計患者数は106.3万人に達した。これは1986年当時の4倍以上だ。(厚生労働省「国民生活基礎調査」より)

 その後も痛風は増加の一途をたどる。厚生労働省の国民生活基礎調査によると、痛風で通院中の推計患者数は2013年についに100万人を超えた。痛風予備群である高尿酸血症(尿酸値7.0mg/dL超)は1000万人以上といわれている。成人男性における高尿酸血症の割合は、21.5%あるいは26.2%という報告もある(*1)。

*1 痛風と核酸代謝. 2006;30:1-5.、同13-19.

続きは日経Goodayマイドクター会員(有料)に登録するとすぐご覧いただけます。

日経Gooday マイドクター 会員限定記事が読み放題! 登録初月は無料! 登録は今すぐ!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について