日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

スポーツ・エクササイズ

健康寿命が延びる新・運動法

効果アップにはコツがある! 「健康運動」6つのウソ・ホント

運動はいつする? 有酸素と無酸素の違いは?…素朴な疑問に答えます!

 北村昌陽=科学・医療ジャーナリスト

健康寿命の延長につながる運動法を紹介する本特集。ここまで「動脈硬化」「糖尿病」に役立つ運動を取り上げてきたが、今回は少し趣向を変えて、運動に関するいろいろな疑問に答えていきたい。知ってるつもりでも意外に知らない素朴な疑問や、実際に運動をするときの注意点などを、あの伝説的なフィットネスゲーム「Wii Fit」(ウィーフィット)監修者であるパーソナルトレーナーの松井薫さんに教えてもらった。

この運動、本当に健康にいいの?(©paylessimages-123rf)
Q1 「健康のための運動」には、何がありますか?
A 「有酸素運動」「筋トレ」「ストレッチ」が代表的です。

 一口に「運動」と言ってもいろいろな種類があり、体への作用もさまざま。「その中で、健康づくりの目的で行われる代表的なものは、有酸素運動と筋トレ、ストレッチでしょう」と松井さん。

 「有酸素運動」とは、ウォーキングやランニング、水泳といった、比較的軽い負荷で、長時間続けられる運動のこと。脂肪を効果的に消費できるのが特徴だ。ただし、同じ「走る」や「泳ぐ」でも、短距離レースのようにペースを上げてしまうと、体内のエネルギー利用が「無酸素運動」に切り替わってしまって脂肪燃焼の効率がダウンする。「軽い負荷」であることが、有酸素運動の条件だ(詳しくはQ4で)。

 「筋トレ」は、正式には「レジスタンス運動」といって、筋肉に負荷をかけて筋力アップなどを図るトレーニング。ダンベルなどの器具を使うやり方と、スクワットや腕立て伏せのように自分の体重を使って負荷をかけるやり方がある。

 「ストレッチ」は、筋肉の緊張を解いたり柔軟性を高める目的で、引っ張って伸ばす運動。筋肉をじわーっと伸ばす静的ストレッチと、伸張・収縮をリズミカルに繰り返す動的ストレッチがある。

 「健康づくりの運動として、長い歴史があるのは有酸素運動です」と松井さん。ダイエットに用いられるほか、高血圧や糖尿病といった生活習慣病の改善を目指す運動療法でも、定番だ。

 また最近は、筋トレの健康効果もかなり明らかになっている(関連記事:「やればやっただけ効果アリ! 糖尿病対策に『足の筋トレ』」)。筋肉を刺激することでエネルギー消費量を増やし、特に脂肪の代謝を活性化させる作用があると考えられている。

 「ストレッチには心身のリラックス効果が期待できますが、どちらかといえばウオームアップやクールダウン的な位置づけ。健康づくりの運動としてベストチョイスは何かと言われれば、有酸素運動と筋トレをバランス良く組み合わせることでしょう」(松井さん)。松井さんがパーソナルトレーナーとしてメニューを作るときは、この2つをミックスしたプログラムになるように意識するという。

続きは日経Goodayマイドクター会員(有料)に登録するとすぐご覧いただけます。

期間限定 日経Gooday マイドクター 最大2カ月無料キャンペーン! 2017年4月1日~5月31日

マイドクターで相談!

24h、健康相談と医療機関の案内

メンタルヘルス相談(時間制限あり)

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について