日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

スポーツ・エクササイズ

健康寿命が延びる新・運動法

血管が若返り、冷え性も解消! 「血管ストレッチ」で動脈硬化を防ぐ

足の血管を伸ばす3種目のストレッチで血管の柔軟性をアップ

 北村昌陽=科学・医療ジャーナリスト

 「体にいいことを何かしよう」と思ったとき、「運動」を思いつく人は多いだろう。そして、そのとき想定している運動はたいてい、ウォーキングやジョギングなどの「有酸素運動」のはずだ。 確かに有酸素運動は、健康エクササイズの鉄板。病気の予防や改善効果を示すデータも多く、信頼性は高い。
 とはいえ、有酸素運動も万能ではない。状況や目的によっては、別の運動に取り組むことで、大きなメリットが得られる場合もある。そこでこの特集では、有酸素運動以外の運動に焦点を当て、その意義や、有効な活用法を紹介していく。第1回は、動脈硬化をターゲットにした「血管ストレッチ」だ。

簡単にチェックできる「血管年齢」の目安とは?

 人は血管とともに老いる。

 血管の老化とは「動脈硬化」のことだ。若いうちはしなやかで弾力のあった動脈が、年とともに硬く、もろくなっていく。それに伴って、脳出血や心筋梗塞といった深刻な病気の発症リスクも高くなる。

 体の外から見ても分からないので、つい軽く扱いがちだが、放置していると命に関わる事態につながる。動脈硬化は怖いのだ。

 となれば、気になるのは自分の血管だろう。動脈硬化は誰の体にも起きるが、進行の程度には個人差がある。それをチェックするのが、いわゆる「血管年齢検査」。正式にはPWV(脈波伝播速度)検査といって、たいていの病院や人間ドックで受けられる。

 自分の血管が、年齢の平均値よりしなやかであれば「血管年齢が若い」と評価される。数分で終わる簡単な検査で、結果はとても分かりやすいので、血管の状態を正確に知りたい人には、おすすめである。

 でも、もっと手軽な目安もあると便利だろう。そもそも「血管年齢が若い」のは、どんな人なのだろう。立命館大学スポーツ健康科学部教授の家光素行さんに尋ねてみると、驚くほどシンプルな答えが返ってきた。

 「体の硬い人ほど、血管も硬いことが分かっています」。

 なんと、血管の硬さは、体の硬さと相関しているのだ。

図1◎ 体の硬い人は血管も硬い
被験者は60歳以上の中高年者132人。まず両足を前に出して座り(座位)、膝を曲げないで前屈する検査で、体が「柔らかい」「硬い」の2グループに分けた。次に血管の硬化度をPWV検査で測り、グループ間で比較。体が硬いグループの方が、血管も硬いことが認められた。(Yamamoto K, Iemitsu M, et al. Am J Physiol Heart Circ Physiol. 2009;297:H1314-8.
[画像のクリックで拡大表示]

続きは日経Goodayマイドクター会員(有料)に登録するとすぐご覧いただけます。

日経Gooday マイドクター 登録初月は無料!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について